馬券の偽造なんて実際にあるの!?過去の事件なども交えてご説明します!

今回は馬券に偽造について記事を書きたいと思います。

馬券の偽造って何?

普通はそのような反応が正解だと思います。

単純に偽造と聞いて、良い話だとは思いませんよね。

しかし、偽造や捏造など、悪そうな話はギャンブルにつきまとう話です。

今回は、その内容を例を出して、記事をまとめていきたいと思います。

JRAの馬券の偽造ってあるの?

現在JRAが発行してる勝馬投票券は1枚1枚に大量の数字による管理番号が付されています。

その情報は、勝馬投票券にプリントされているQRコードにすべて記載されており、携帯電話のバーコードリーダーで読み取ることは可能です。

その番号とJRAで管理するコンピューターに記録されている内容と一致しなければなりません。

また、コピーをしたとしても、現在JRAが発行している勝馬投票券には偽造防止用に特殊な塗料がついており、紙質含めて偽造しにくいように作られています。

その両方を作ることは難しいようで、馬券が偽造されていた事件はほとんど起こらなくなっています。

昔の馬券は偽造された?


昔の馬券は今のように、特殊なQRコードなど無く、セキュリティが少し弱かった事から偽造をされる事はあったようです。

しかし、馬券を偽造は犯罪です。

JRAの職員はプロなので、巧妙に作ってあっても機械もしくは人間は騙せないので、すぐに警備員が寄ってきて捕まってしまいます。

このリスクを背負って偽造馬券を持って当たったかのように機械に入れたり、高額窓口へ持っていく人は行く人は相当な方でしょう。

馬券の偽造は罪

当然の事ですが、馬券の偽造は犯罪になります。

競馬公営ギャンブルです。

その競馬の不的中馬券を偽造して当選馬券に加工した場合は、有価証券偽造罪になる事になります。

その罪の内容を六法全書より抜粋しましたので、紹介しましょう。

下記内容は引用になります。

株券,手形,小切手,公債証書,官府の証券などの有価証券を,行使の目的で偽造,変造したり,偽造,変造された有価証券を行使したり,また有価証券に虚偽の記入をしたりすることによって成立する犯罪 (刑法 162) 。

経済社会で有価証券の果す機能の重要性にかんがみ,有価証券に対する社会の信用性保持を目的として立法化された。

私文書偽造罪よりも刑は重く,可罰的行為の範囲も広い。ここにいう有価証券は,流通性を要件とせず譲渡不能なものも含む。

たとえば定期券乗車券,競馬の馬券などもこの犯罪の客体となりうる。

テレホンカードも刑法上の有価証券にあたるとするのが判例である。有価証券を行使し利得すれば,別に詐欺罪も成立しうる。

刑は3月以上10年以下の懲役。行使等については未遂も処罰。

有価証券として刑法は公債証書,官府の証券(大蔵省証券,郵便為替証書等),会社の株券を例示しているが,流通性の具備は不要なので乗車券や宝くじ,競馬の馬券、テレホンカードも含まれる。

このように、馬券の偽造は立派な犯罪です。

懲役では、10年以下の罰金という事なので罪も重い刑罰になります。

実際に起きた事件がある


産経新聞が発表した2013年の5月24日(金)15時14分配信のニュースです。

日本中央競馬会(JRA)が運営する関西や中部地区の競馬場、場外馬券場で昨年5月以降、少なくとも46枚の偽造馬券が見つかっていることが24日、JRAへの取材で分かりました。

今月上旬には、神戸市の場外馬券場で偽造馬券で払い戻しを受けようとした男が詐欺未遂容疑で兵庫県警に逮捕されたそうです。

JRA報道室は「昨年から偽造馬券が増えているのは確かだが、理由はまったく分からない」としています。

JRAによると、偽造馬券による換金被害は確認されていないが、中京競馬場(愛知県豊明(とよあけ)市)と場外馬券場「ウインズ名古屋」(名古屋市)がある中部地区で昨年5月以降、偽造馬券35枚が相次いで見つかり問題になりました。

京都競馬場(京都市伏見区)や阪神競馬場(兵庫県宝塚市)のほか京阪神に6つの場外馬券場がある関西地区でも同10月以降、11枚が見つかっています。

このうち今月7日には、神戸市中央区の「ウインズ神戸」で、1~3着を予想する3連単の払戻金が高額の万馬券(123万5600円)となったGIレース「NHKマイルカップ」の偽造馬券を払い戻そうとした無職男(66)が、詐欺未遂容疑で兵庫県警に現行犯逮捕されています。

捜査関係者は「精巧な偽造ではなかった」と説明するが、男は「(払い戻しを)頼まれた」と供述しているといい、県警は共犯や組織的な関与があるとみて捜査しています。

この内容だけだと、どんな手口だったのか詳細は公表されておりませんでした。

手口の内容を見せたら、真似しちゃう方がでちゃうからでしょう。

しかし、捕まった容疑者の言い訳だと、誰かに頼まれたと言っていますよね。

おそらく、捕まる可能性が非常に高いと知っている黒幕が、競馬場にいる負けているオジサンを捕まえて、お金と引き換えで仕事させているのでしょう。

海外の犯罪集団の可能性とも言われており、相当な悪度さを感じるニュースでした。

偽造では無く、捏造も存在する

上記では、実際に本物の馬券を偽造や加工して、お金を騙そうとする内容でした。

しかし、その偽造を違う形で捏造として利用している場所は存在します。

最近では、競馬情報会社が的中実績の証明のために的中馬券の写真をHPに載せて、過去の成績を信用させるケースが見られますよね。

即PATでしか投票したことのない人は、馬券の実物を見たことが無いから、的中馬券の写真の真偽が判断できませんよね。

たいていの場合、その的中馬券の写真は偽物のケースが多いです。

その簡単なチェックの仕方を、次の項目の記載しました。

一度、この手順でやってみてください。

競馬サイトの馬券偽造写真の見方

携帯でバーコード(QRコード)読み取りをします。

馬券のバーコードは2つ並んでいますので、最初に左のバーコードに携帯カメラを当てると、「続きのデーターを読み取ってください(1/2)」というメッセージが出ます。

そしたら「はい」をタップして、右側のバーコードに携帯カメラを当てます。

馬券のQRコードは、2つがつながっているのです。

したがって、左のQRコードを読んだ段階で、「続きのデーターを読み取ってください(1/2)」というメッセージが出なかったら、そのQRコードは1個で完結しているということですから、その的中馬券の写真は、この段階でニセモノという事になります。

これが最初のチェックです。

2つのQRコードを読み終えると、長い桁数の数字が表示されます。

この桁数はどの馬券でも190桁です。

この読み取った数字の桁数が、2つ目のチェックポイントです。

きっかり190桁でないモノは偽造です。

よくあるのは、どこかの関係ないQRコードを貼り付けて写真撮ったものや、読み取ると、「http://jra.jp/」のようにJRAのHPのURLが表示されたりするモノがあります。

これらも偽造です。

190桁を数えるのが大変ですが、パソコンに送って、ワードの「文字カウント」で数えると簡単ですね。

次に、190桁の数値の最後の方の数値をチェックしてください。

・・・・・01234567890123456XXXXで終わっているかチェックしてください。

「XXXX」は4桁の数値です。

その前の「01234567890123456」はどの馬券でも一緒です。

最後に、190桁数値の先頭の14桁をチェックしましょう。

【XkkXXXyyzzddrr】Xは無視して大丈夫です。

kkは開場コードです。
  
kk=01:札幌
kk=02:函館
kk=03:福島
kk=04:新潟
kk=05:東京
kk=06:中山
kk=07:中京
kk=08:京都
kk=09:阪神
kk=10:小倉

yyは西暦年の下2桁(2012年なら「12」)
zzは「回」
ddは「日」
rrはレース番号
  
(例)「2012年3回6日 東京 11レース」では、X05XXX12030611
となりますね。

馬券に記載されてある内容と一致してなければ、偽造馬券となります。

以上 4つのチェックのいずれかに引っ掛かったら、的中馬券の写真は、偽造もしは捏造している嘘の馬券だという事になります。

このように、お金を騙し取る為の偽造ではありませんが、このような写真を掲載して当たったように見せて、ユーザーが有料の会員になる事もあります。

正直、私は実際の馬券を加工して偽造する集団も、このようにサイトで人を騙すのも一緒だと思っています。

馬券の偽造のまとめ

今回は馬券の偽造について記事をまとめて見ました。

大前提として、馬券の偽造はれっきとした犯罪です。

今の馬券は コピーするとQRコードの部分を水色の線になってる特殊塗料が潰してしいます。

払い戻しはJRA側のデータベースと照合することによって行われているはずで、1枚の馬券で、「どこで」「いつ」「幾ら」買ったかが全て特定できます。

馬券を完全にコピーできたとしても、どちらか一枚を換金したら もう一枚は使えなくなると思われます。

また、馬券を偽造できたとしても、JRAのデータベースには購入記録が残ってないのだから
無効になるのは、普通に分かります。

しかも、その馬券を発券機に入れた瞬間、警備員さんが沢山来るでしょう。

リスクが高すぎて、このように犯罪を犯す人も少ないでしょう。

また、偽造している馬券を掲載して、お金を稼ごうとしているサイトも同様です。

こっちの方は、犯罪の立証は難しく捕まりにくいですが、詐欺で捕まったサイトもありますので、結果的に悪い事はやめましょう。

楽しい競馬ライフで、自分の許容範囲で遊ぶのがギャンブルだと思います。