競馬予想サイトのリアルな口コミ・評判なら当サイトでチェック!独自の評価基準で優良サイト詐欺サイトか検証・比較し、おすすめ競馬予想サイトランキングとして公開していますので、ぜひご参考ください。

競馬予想サイトの9割は
詐欺サイト

人工知能で競馬の予想は当たるか!AI予想について細かく解析し説明します!

みなさんAIという言葉を聞いた事はありますか?

AIとは人工知能の事です。

人間が作り出した、機械の知能ですが人間よりはるかに情報量は多く、多くの分析を行うのに使われています。

この知能を使って競馬の予想が出来る時代になっているようです。

今回は競馬のAI予想の実態を見ていきたいと思います。

AIで競馬予想とは何か?


人工知能で競馬なんて出来るの?と思う方も多くは無いと思います。

しかし、データを記憶したり、統計を出したり、膨大な計算ができたりと凄い進化をしており、実際は可能だと思います。

最近では、将棋のロボットなどが有名だと思います。

将棋のロボットは将棋の勝ち方や駒の動かし方を全てインプットしており、様々なデータから相手がどんな動きをした時に、自分の動きを把握して勝ちに運びます。

最近はスマートフォンや家電製品でも人工知能を搭載した商品が増えています。

競馬予想ソフトやアプリの中にも、この人工知能を活かしたものが出てきており、「AI競馬予想」として注目されています。

データを活用して競馬予想をする方は、ファクターの多さに使いこなせないこともあるのではないでしょうか。

せっかくデータがあっても、使いこなせていないのであればもったいないですよね。

AI競馬予想では人工知能が学習しながら予想を行います。

そのため人間よりも多くのデータ処理が可能です。

AIを駆使した競馬予想システムは、株式会社ドワンゴが主催する競馬予想アルゴリズム競技会の電脳賞から生まれたものも多くなっています。

2016年から始まった電脳賞では、実際にシステムを利用して競馬予想を行い、回収率や的中率などを競うものです。

この賞で優秀な結果を残したシステムは、実用化もされています。

AI競馬予想は過去のレース結果を人工知能がデータ化し、それぞれの特性を活かして軸馬や穴馬を導き出すものです。

aiは使うことで更に学習するので、競馬予想のような毎週新しいデータが増加するジャンルにも向いています。

人工知能でどうやって競馬予想するの?

AI(人工知能)の分析は、学習すればするほど有能になっていくとは聞きますが、そもそもAIが競馬予測するにあたって、どのようなデータが利用されているのでしょうか。

元のデータがしっかりしていなければ、人工知能も価値が下がります。

調べていると、競馬レースの勝因は複合的な要素が絡み合っているので、AIに学習させたからといって、予測を的中させるのはなかなか一筋縄ではないようです。

利用しているデータはそれぞれのサービスによって異なりますが、例えばこのようなものが上げられていました。

■最近の馬の状態変化

■過去の成績を元にした騎手の評価

■馬の血統(種牡馬・母父馬)

■最近のレースの着順推移を元にした馬の調子

■予測したいレースと似たレースで走った馬のスピード

■最近走ったレースの馬のスピード

■過去の着順や着差、獲得賞金

など、様々なデータを一元化して勝率アップを目指します。

他にも、レースの勝敗を決める要因には、その日の天候や、当日の馬や騎手の調子など、予測しづらい所のコンディションも含まれてくるわけです。

AIはもともと、絶対的な結果予測を得意としていて、相対的な予測は苦手としているので、競馬予測は、もともと苦手分野でしょう。

そのような中で、どのデータが必要で必要でないか、使う使わないを見極めてレベルの高い競馬予測を行っていくのは、開発者の見せ所となりそうです。

私たちにとったら、優秀すぎるAI競馬予測はこれとない味方ですが、JRAにとってみたら天敵にか過ぎないですね。

将棋の名人対、AIのように、JRA vs 人工知能開発者となる日も来るのでしょうか。

しかし、これまで見てきた通り、100%当たります!なんて保証のあるAI競馬予測サービスは存在していません。

最近に始めた大手のサイトを見つけましたので紹介します。

AI競馬予測サービスを大手が開始


みなさんも知っている日刊スポーツですが、AIサービスを共同で公開しました。

その当時の記事を発見しましたので、紹介します。

下記内容は新聞の記事を抜粋して紹介しています。

日刊スポーツは、AI競馬予想SIVAの開発・運営を行なっているGAUSSと共同開発した競馬AI予想「ニッカンAI予想」および競馬チャットボットを、日刊スポーツが運営する競馬有料サイト「極ウマ・プレミアム」で、10月13日の19時に公開しました。

去年の10月14日にG1レース秋華賞が京都競馬場で行なわれています。

ニッカンAI予想は、日刊スポーツが蓄積した数百のファクタをAIに学習させる、完全なオリジナルであることを特徴としている。

予想が公開される時間は、レース前夜19時ごろと、レース約30分前の2回です。

30分前の予想では、当日の馬場状態や天気、レースの約1時間前に発表される馬体重も予想ファクタに組み込んだ上で公開するという凄い機能もついています。

予想では印(◎や○など)は打つものの、馬連で回収率(払戻金額÷購入金額)を上げるための方式を採用しているようです。

◎の1頭を軸に流すスタイルだけではなく、○▲や○△など、タテ目を推奨するケースもあります。

公開されるのは、AIが予想した印(◎○▲☆△。△は最大4つ)と、馬連の買い目(最大7点)あります。

馬連1点あたり100円で購入した場合の回収率も極ウマ・プレミアム内ですべて公開されます。

AI競馬予測は10月12日19時ごろに、13日の全レースの予想と買い目を公開し、日刊スポーツ本紙の競馬面などでも14日付で一部レースの予想を掲載しています。

また、極ウマ・プレミアムのサイト上でチャットボットがスタートします。

無料ページでは、キャラクターの極ウマくんがレース結果やAI予想の成果などを会話形式でお知らせするほか、有料ページでは日刊スポーツ各記者の予想、AI予想、コンピ指数まで、極ウマくんが答えてくれます。

こんなに大手のスポーツ新聞のサイトがAIを実施するのは、凄いですね。

極ウマ・プレミアムの詳細は下記の記事からご確認ください。

魅力的なAIを使った3サイトを紹介


AIの競馬予想を調べていてと目に留まったAI競馬予測を紹介していきます。

一重にAIによる競馬予測といっても、勝敗順位を当てることに専念しているものや、配当率の高いレースの勝敗を当てることに専念しているものなど、予測の種類は様々ありました。

それでは、私が個人的に良いサービスと感じた3つを紹介します。

AI競馬 siva


まずは上記でも紹介し、日刊スポーツとコラボしたアプリになります。

AI競馬 sivaは2017年1月に提供開始されたアプリで、膨大なレースデータからAIが必要な情報を導き出します。

sivaの由來は「芝」と神様の「siva」です。

無料で利用できる点が大きな魅力で、新しい競馬の楽しみ方を探しているならおすすめです。

アプリはApp StoreとGoogle Playからダウンロードができます。

主に的中率重視になっていますが、かなり高い回収率も叩き出しています。

軸だけでなく、穴を探し出したい時にもぴったりです。

金額を調整し、複数の馬に買い目を出すので的中率も回収率も高まる仕様です。

またAIの「siva」とチャットを楽しめるなど予想以外の面でも機能が揃っています。

人間が予想するよりも、多くのデータの中から必要な情報をピックアップできるのが人工知能ならではの魅力です。

AI競馬 sivaの詳細は下の記事からご確認ください。

AI競馬 UMANARI


2つ目に紹介するのは、勝敗順位の予測を行っている『UMANARI_AI競馬予測』

このサイトは、自分が開発したAI(人工知能)で競馬予測を当てることに興味がある人が発信している予測サービスでした。

予想とその結果を確認してみたのですが、何やら、数々の予測が当たっています。

予想印(◎◯△●▲)が付いているものは、少なくても1馬以上1〜3着に入っているという結果が並んでいました。

有料版のUMANARI_AIと、無料版のUMANARI_AI Liteがあるようです。

有料版も存在している理由の1つには、AI(人工知能)の開発費が必要なためという理由があるようです。

しかし近々、完全無料サービスに行う計画もあるようで、ユーザーにとったら嬉しいお知らせ。

開発資金は大丈夫なのだとうかと心配も走りますが、見逃せないサイトということには変わりません。

AI競馬  MANBA -2nd Season


最後はAI競馬予測は、勝率よりも掛率(予想配当率)が高いレースを予測するサービス『競馬予測 AI MANBA -2nd Season-』です。

こちらのサイトは、レースの30分前からに自分の購入予定の馬券をMANBAに聞けば評価しれくれるというサービスのようです。

簡単にAIの競馬予測を見たいという方は『競馬予測AI まんばのTwitter』に更新した記事をツイートされていたので、Twitterで確認する方が便利がよさそうでした。

2nd Seasonという名の通り1stサイトもありました。

もともと、人工知能の発展と競馬業界の活性化として、ユーザー参加型の「人工知能募金~あなたの募金を増やします~」というプロジェクにより、立ち上がった企画で、そこで行われた精度が高く、2nd Seasonが開始された流れがありました。

2代目になって更に結果は良くなっていて、スタートして以来、右肩上がりを記録があるようです。

もちろんすべてのレースを当てるわけではなく、当たるレース・外れるレースはまばらですが、平均月回収率130%以上で、良い月には170%なんて結果もあげています。

まとめ


今回は人工知能を使った予想はどうなの?という疑問と、実際に当たるの?という疑問についてまとめて見ました。

結論からいうと、絶対に当たる訳では無いですが、非常に参考にしやすいと思います。

AI(人工知能)を使ったアプリやソフトはたくさんありますが、基本的にはドワンゴのチャンネルやiPhoneアプリが多めです。

ドワンゴ提供のチャンネルは有料のものが基本ですが、アプリは無料で使えるものが大半なので、AI競馬予想を試す場合はアプリがおすすめです。

それぞれ特徴が異なり、回収率重視のものから的中率重視のものまであるので、自分に合うシステムを見つけることがポイントです。

データをなかなか上手く扱えないと言う方は、AIシステムを予想に活用するのもおすすめです。

今後はaiを使ったソフトも増えてくることが考えられます。

アプリならスマホで手軽にダウンロードできるので、予想が苦手でも違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

関連記事

数多くある競馬予想新聞!各競馬新聞の特徴やオススメできる点を徹底紹介!

競馬好きは鉄板の予想も出来るアプリ4選!おすすめのアプリを紹介します!

8つのオススメの競馬予想ブログをご紹介!ブログごとの特徴を徹底解析!

競走馬にはオカマが存在する!?競馬予想でも重要な馬の性別について紹介します