YouTuberを名乗る競馬少年ヨシヒサさんの予想の実力は逆の意味で高確率!!

YouTubeで競馬予想をしている方は結構多く、その中でも一定の人気を得た方が競馬YouTuberとよばれます。

今回はその競馬YouTuberの一人、競馬少年ヨシヒサさんに着目して紹介していきます!

競馬少年ヨシヒサとは?


競馬少年ヨシヒサとは、YouTubeで競馬関連で活動しているYouTuberの一人です。

2017年より活動を開始したみたいで、まだまだ人気YouTuberとは言えませんが、精力的に活動しているようです。

総再生回数は773万4770回で、チャンネル登録者数は18492人の方が登録しているようです。

動画投稿数は690本ととても多いですね。

1動画当たりの平均再生回数に直すと11209回再生されている計算になります。

これまでの活動で得た収入は92万8172円で平均年収は39万7788円になります。

月収で考えると33149円ですね、YouTuberとして食べていける額ではなく、まだまだ趣味で投稿しているレベルだと思います。

これからの活躍に期待しましょう。

競馬少年ヨシヒサさんの自己紹介文をみつけたので下記に引用いたします。

【競馬YouTuber】
ご視聴ありがとうございます!
中央競馬の重賞全部と土日1〜3レースの勝負レース+地方交流G1 などの予想をしております。重賞レースでは、「消す人気馬のコーナー」もやっております(なしの回もあり)。
ぜひ毎週見に来て下さいませ。
チャンネル登録もぜひお願いいたします。
2017年1月11日開始

競馬少年ヨシヒサさんの動画の特徴


競馬少年ヨシヒサさんの動画の動画は自分の顔を出さず、自分で入力した紙を参考にしながら喋る単調な動画です。

特に馬の写真などは用いず、コピー用紙に印刷した内容をただ読んで、時に自分の考察を混ぜて紹介しているので飽きてしまうと思います。

このような動画で本当に人気に慣れるのか怪しいものですね。

特に自分のことをYouTuberと述べているのですが顔だしをしないのはYouTuberとは呼べませんね。

大抵の人気YouTuberは顔だしをしているものなので少々間違っているのではないでしょうか。

動画の特徴も人気馬を消して予想をすることぐらいです。

このような動画では誰でも作れてしまうと思います。

競馬少年ヨシヒサさんの予想は的中するの?


競馬少年ヨシヒサさんは動画中で予想を立てているのですが、その予想の実力はあまり高いものではないようです。

動画の中では「消す人気馬のコーナー」というものがあるのですが、その人気馬が1着などに入ることがあるようです。

以下にその実績を掲載します。

2018年の消す人気馬のコーナーで上げた馬
毎日王冠 アエロリット→1着
京都大賞典 アルバート→3着
東京盃 ネロ→2着

その代わりに◎を付けた本命馬
毎日王冠 サトノアーサー→6着
京都大賞典 シュヴァルグラン→4着
東京盃 マテラスカイ→4着
レディスプレリュード クイーンマンボ→7着

この実力を見てもあまり実力があるようには見えませんね。

某巨大掲示板サイトを確認すると「逆神」と呼ばれているほど、的中しないことで有名なようです。

逆に考えると競馬少年ヨシヒサさんの外した人気馬に賭けてみると的中するかもしれませんね。

まじめに競馬予想をYouTubeで投稿しているようですが、実力は人に教えるほどではないようですね。

中には素人感満載とおっしゃっている投稿もありました。

ですが競馬はそうそう当たるものではなく、的中させるのは非常に難しいものです。

競馬少年ヨシヒサさんの予想を信じて、その通りに購入した方はあまりいないようですが、予想が的中しなかったとしても競馬少年ヨシヒサさんのせいにしてはいけないと思います。

競馬少年ヨシヒサさんの再生回数が多い回!


競馬少年ヨシヒサさんの投稿数は非常に多く、中にはすごく伸びた再生回数を誇った投稿もあるようです。

以下にその再生回数が多かった回をご紹介します。

201年4月25日投稿
再生回数:82666回

【競馬予想】 天皇賞春 2017 事前予想

URL:https://www.youtube.com/watch?v=K5xoDSS2Uno

競馬少年ヨシヒサさんの投稿する予想の中でも特に再生回数が多かった回が2017年の天皇賞の予想ですね。

やはり皆さん重賞レースが気になるのでしょうか。

そのために少しでも情報を集めているように見えますね。

2018年12月21日投稿
再生回数:66084回

【競馬予想】 有馬記念 2018 本予想

URL:https://www.youtube.com/watch?v=YM29QVetR94

次に再生回数が多いのが2018年の有馬記念の予想ですね。

やはり重賞レースは人気がある投稿になるようです。

2017年12月19日投稿
再生回数:63840回

【競馬予想】 有馬記念 2017 事前予想 データ&参考レース解説

URL:https://www.youtube.com/watch?v=qxg2vZUmjps

こちらは出走表やデータから2017年の有馬記念の予想をしている回ですね。

どうやら、この時点の予想はあまり精度が高くなく、上記で更に考察を深めて予想しているようですね。

2017年5月26日投稿
再生回数:56730回

【競馬予想】 日本ダービー 2017 本予想


URL:https://www.youtube.com/watch?v=EM1fTJi_JKE

こちらは競馬少年ヨシヒサさんの予想が大当たりした回のようです。

嬉しそうにサムネイル画像には「大当」と書き込んでいますが、競馬少年ヨシヒサさんの予想は中々的中しないので余程うれしかったのでしょうね。

尚、的中するときは大体が人気馬で組んだ時の高確率で的中するときぐらいしかほとんど的中していなようで、しかも的中したとしても買い目が多すぎてトリガミだったようです。

唯一の高額配当が出た時の回になりますね。

twitterでも活動しているようです!


競馬少年ヨシヒサさんはtwitterでも活動していて、こちらで最新の情報を掲載しているようですね。

YouTubeでは撮影、編集、投稿とアップロードするのに結構時間がかかります、なのでtwitterで予想した結果の考察や反省などはこちらで掲載しているようです。

又、twitterでは自分の購入した馬券や買い目なども公開しているようです。

競馬少年ヨシヒサさんの予想した買い目を見たい場合はtwitterを利用することをオススメします。

尚、twitter自体は2013年9月から始めているようなので最初はtwitterで競馬予想をしていたのではないでしょうか。

twitterやブログサイトで多少人気が出たからYouTubeでも活動してみる典型的なパターンだと思います。

ですがYouTubeはそんな簡単なものではなく、YouTuberになること自体は簡単ですが人気が出ないとYouTuberとして活動しているとは言えないでしょう。

それに競馬でYouTuberになるには、他の方にはできない何かをする必要があると思います。

決して自宅で集めた情報だけで動画を作成しても人気を出すのは難しいと思います。

まだまだ競馬YouTuberと呼ぶのは早いと思います。

競馬少年ヨシヒサさんの評価は?


インターネットの掲示板サイト等を確認してみると、競馬少年ヨシヒサさんの評価がありましたので下記に引用いたします。

「こいつ信用したらダメだよこの下手くそが◎にしたら全て飛ぶ」

「マイル南部杯 2強だからヒモ荒れ狙う!!と豪語して3連単 7 12→1 7 9 12 14→1 7 9 12 14と予想して上位人気馬で入れてなかった3来てハズレ」 

「凱旋門賞だけ5頭ボックス買いにして唯一当たり。馬単はガミ、こんな予想誰が参考にするんだよ!!」

「去年までいたヒカチャンネルとか結構当たってたと思ったがもういないね。 ヨシヒサはある意味参考になる」

「よんわりあたるヨシヒサ、星野るり、のんびりこいつらの動画を見てるほうが暇人」

逆神として参考になるね

「ヨシヒサのは声も嫌いで予想は終わってるしムカつくわ」

「消す人気馬って言ってる馬が全然人気馬じゃない時がある。せめて3人気以内になりそうな馬から選べよ。」

「わざわざ消すなよ、結果は展開やペースでいくらでも変わるものだろう」

「あと昨日の消したネロなら前日オッズだと3番人気だったからそれで人気してる!と思って判断してるんかな。」

YouTubeで競馬予想見ている視聴者のなかでも悪評ばかりが目立ち、応援しているメッセージは見つかりませんでした。

ですがチャンネル登録自体は18492人と中々の数がいますし、一つ一つの動画の評価はプラス評価をしている方がマイナス評価よりは多いので、人気自体はそれなりにあるようですね。

悪評をしている方たちは本当のことを言っている投稿もあるかもしれませんが、ただ人をけなしたいだけの人もいるようです。

競馬少年ヨシヒサさんの予想のまとめ


今回はYouTubeで競馬予想を投稿している競馬少年ヨシヒサさんについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

この方の実力はお世辞にも良いとは言えず、実力不足な部分が見えます。

但し、外す人気馬は大抵1着や2着になることが多いので、予想の精度を逆に考えると参考になりますね。

人気馬を外して予想したいなら、もっと情報を集めて勉強しないと的中させるのは難しいと思います。