競馬予想をする時最後に頼るのはサイン!掲示板等はサインを掲示しています!

皆さんは競馬の予想をするとき、どうやっていますか?

ちゃんと予想をしても何を買えばいいのか迷ってしまう時がありますね。

そのような時は競馬の中に隠されたサインを見つけ出し、勘に頼ってみるのも悪くはないと思います。

今回はそのサインについてご紹介していこうと思います!

サイン競馬ってなに?


サイン理論を用いてサイン競馬を行うことです。

サイン理論とは、競馬の勝ち馬予想の手法の一つです。

広義的な意味で見得買い、見徳買いの一種として扱うこともあります。

この手法を用いて買い目を決めた勝馬投票券をサイン馬券ともいいます。

具体的には、メインレースの多くではレース前から既に勝ち馬や勝利する騎手が決まっており、特定の者に主催者または競馬の神様がサインを出して教えているという発想の下で予想を行い、馬券を購入する手法ですね。

人気馬では配当が少なくなる為、基本的には穴馬を探すための手法です。

人気馬を本命視する根拠の補強のために用いられることもあります。

古くからある手法でゲン担ぎとして使うことがあります。

日本においては競馬評論家の高本公夫さんがこの種の予想方法を世間に広めた人物として認知されています。

予想コラムなどを通じて広めたことからタカモト式の名称で呼ばれることも多いです。

開催者・競馬関係者自体が八百長行為を行っているように見える為、真面目な競馬ファンや競馬関係者からは嫌われる予想方法でもある。

根拠もないので余計に八百長を疑われてしまうようですね。

しかし、競馬に八百長は無いと思いますので安心して良いと思います。

ですが、当初の高本さん提唱していた「サイン馬券」とは、競馬場の内外で情報収集を徹底的に繰り返し、馬主経済・厩舎人脈・競馬主催者の集客戦略から競走馬の生理面に至るまで様々な要素のレース予想における必然性を理路整然と唱えたものであった。

これに基づいて高本さんが無名時代に東京スポーツに連載していたコラムで枠順発表前に勝ち馬を予想したものが次々と的中したことが、「サイン馬券」の信奉者を増やす原動力になったようです。

ですが、JRAの厩舎・競馬の関係者の管理体制や取材方式などの変化に伴ってそういった「サイン」の元となる情報の入手が困難になったことで、高本さん自身の予想も現在のサイン理論の様な「レースには何らかの作為がある」として強引に暗号解読を試みるものに変質してゆき、それと同時に多くの後発亜流が発生し、既に全盛期が過ぎていた高本さんもそれに呑み込まれてしまったようです。

昔はサイン馬券は確かな根拠があったものに対して、現在は根拠のないものになってしまったようですね。

サイン競馬の考え方


サイン競馬の考え方は基本的にゲン担ぎを主体とすることが多いですね。

下記に代表的な例を記載いたします。

■時候や記念日から連想される馬名、馬主から予想する。
■出走馬の関係者の誕生日や冠婚葬祭にもとづいて予想する。
■主催者の発行物や広告にあるフレーズから連想したり、使用されている写真などから予想する。
■当日競馬場にゲストとして来た有名人や、場内で放送される迷子案内から連想する。
■社会で大きな話題となっているニュース・事件・事故などの時事ネタから連想する。
■特定レースの出目による連動により馬券を購入する。

■アナグラムや暗号解読、挙句にはオカルト的発想などの手法を用いた、強引にこじ付けによる手法が用いられることもあります。

レースの結果が出た後にその結果にあてはめてサイン理論を作り上げることも可能ですね。

また、サインの対象が騎手である場合、その騎手が騎乗している全レースの馬券を購入することもあるそうです。

競走馬でもサインが馬主の冠号にまつわる場合は、同様に同じ冠号を持つ馬の馬券を全て購入することもある。

オススメサイン競馬掲示板!

ここではおすすめのサイン理論を用いた掲示板サイトをご紹介します。

サイン理論はやはり根拠のないものとなることが多いのでサイン理論を用いた予想サイト等は無いようですね。

サイン会議


見やすさを優先するなら、サイン会議でしょう。

いろいろな投稿が見られるのがサイン会議です。

毎日の出来事などからサインを導き出して、重賞勝ち馬などの予想が行われているようです。

競馬のサインを気にする人ならチェックしておいて損はないと思います。

短文でつぶやくような投稿は無く、しっかりした内容の書き込みが多いようなのでじっくり読みたい人向けだと思います。

サイン派


投稿日なども分かりやすく、たくさんの書き込みが見られます。

大体のプレゼンターの来歴や、G1などではポスターの内容などにも言及されていたりします。

書き込みなどもしやすく、使いやすいように配慮されている点も良いと思います。

何かしらのサインを見つけたい時には便利な掲示板でしょう。

競馬サイン&暗号研究掲示板♪


暗号やサインで予想するなら競馬サイン&暗号研究掲示板♪が良いと思います。

堅くなく、フレンドリーな雰囲気の掲示板ですね。

長文の書き込みも問題なくできるので、気になったサインや暗号を書き込みたい時やチェックしたいときに便利だと思います。

気軽に確認できるのが強みの掲示板でしょう。

重賞や気になるレースなど、さまざまなサインをチェックすることができます。

数字が走る競馬交流板


数字が走る競馬交流板は他の掲示板と違い、スレッド形式で運営されています。

某巨大掲示板サイトを利用している方はこちらの方が見やすいかもしれませんね。

見つけたサインの理由を含めて勝ち馬を予想したりと、交流もできるようになっているのが強みでしょう。

いろいろな側面から競馬予想をしたい人にオススメできる掲示板サイトだと思います。

代表的な例


ここでは今までに実際にサインがあった実例を紹介していきます。

有馬記念ではサインが他の重賞レースよりも多くみられることがあります。

中央競馬における1年の総決算ということもあり、その年の世相反映や表彰式のプレゼンターなどとして有馬記念に来場する著名人に因んだサイン予想がスポーツ誌を賑わせる事が多いです。

レース翌日のスポーツ誌でも、勝ち馬にちなんでこんなサインがあった等と結びつける記事が掲載されることがよくあります。

第62回菊花賞では、逃げるマイネルデスポットをマンハッタンカフェがとらえ勝利しました。

さらに、マンハッタンカフェとアメリカンボスの1・2フィニッシュとなりました。

尚、この年はアメリカ同時多発テロ事件のあった年です。

マンハッタンはニューヨーク、アメリカンボスは大統領とかかっていますね。

但し、多数の被害者が出た事件でもあり不謹慎とされかねないことから、結果や成果に言及する方は少なかったそうです。

2008年には、単勝1番人気のダイワスカーレットが1着になりましたが、2着は14頭中14番人気と最低人気だったアドマイヤモナークが取りました。

この年は、8月8日に北京五輪が開催されたことから枠番連勝の8-8が売れました、枠番連勝8-8の配当が18,640円だったのに対し馬番連勝の13-14の配当が29,490円と大きな差が生じました。

2011年は前々日の投票から東日本大震災に関連して馬番連勝3-11に一部の票が集中しました。

2012年は今年の漢字として「金」が選ばれたことに関連し有力馬のゴールドシップが(金繋がりで)勝利するという予想や記事が掲載された。

そのレースは実際にゴールドシップが勝利しました。

又、2016年は2012年同様に今年の漢字が「金」であったことから、ゴールドアクターや、2016年中に中山金杯と金鯱賞を勝利したヤマカツエースを推す記事も掲載されていたが、ゴールドアクターは3着、ヤマカツエースは4着となった。

有馬記念に来場した著名人に因んだ例もあります。

2010年は、表彰式のプレゼンターとして第69代横綱白鵬翔が登場することがあり、勝ち馬は白を連想したサインだったそうです。

実際に白い帽子を被っている1枠のヴィクトワールピサが勝利しました。

しかもヴィクトワールピサの母はホワイトウォーターアフェアとこちらも白を連想させるサインですね。

2014年に優勝したのはジェンティルドンナですが、その年の来賓は読売巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄さんでした。

何も関連が無いように見えますが、ジェンティルドンナと長嶋茂雄さんは誕生日が同じ2月20日とここにもサインが隠されています。

競馬にかかわるサイン予想掲示板のまとめ


今回は競馬に隠されているサインについて掲示板での予想や、探し方などをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

サインというものは無いようにみえて実は結構あります。

是非とも皆さんもサインを見つけて予想に組み込んでみてはいかがでしたでしょうか。

重賞レースなどには結果で見ると何かしらのサインが隠されているのがわかったと思います。

案外馬鹿にできないものだと思いますので、時には自分が見つけたサインを信じて、勘で買ってみても良いかもしれませんね。

掲示板サイトは多くは無料で閲覧できますが、中には有料の掲示板サイトもあります。

使用する前にどのような内容なのか確認してみると良いと思います。