競馬において位置取りは重要!競馬予想で位置取りは万馬券への近道だった!!

競馬とは、一番人気の馬でも勝てないことが多くあります。

人気が非常に高いくて、オッズも凄く引くくなっています。

その時になぜ勝てなかったのか、疑問に思う方も多いですよね。

その理由の一つに「位置取り」というものがあります。

競馬では競走馬が決まったコースを走っている分けではありません。

鞍上する騎手や、馬の動きによって大きく変わります。

今回はその位置取りについて詳しく紹介いたします。

位置取りって何なの?

簡単に説明すると、位置取りとはレース中に馬がどの位置を走っているのかという事です。

スタートした時から、先行馬や逃げ馬は、一番まえで競馬をします。

しかし、馬群に呑まれて前に行けない馬は、差し馬と違って脚力も強く無いのでさせないでしょう。

また競馬にが枠順があります。

レースが始まるときに、どの場所からスタートするのかも重要になってきます。

この位置取りによってレースは大きく変わります。

そのため、競馬予想でも重要なこと、騎手の馬の動かし方には注目です。

競馬というものは、その脚質によって有利な位置をキープすることが重要です。

脚質にあった位置取りをいかにキープできるかで勝てるかどうかが決まります。

今回はその脚質別の位置取りを確認していきましょう。

脚質って何のこと?

位置取りにおいて脚質は切っても切り離せない関係にあるので、まずは脚質について説明しましょう。

馬の脚質というものは全部で4種類あります。

その脚質によって「逃げ馬」「先行馬」「差し馬」「追込み馬」と分けられます。

他にもマルチに対応出来る馬もいて、その場合は「好位」や「自在」と呼ばれます。

それぞれ競走馬にも大きな特徴があるのが解ります。

また、地方のダートだと逃げや先行が有利、JRAの芝だと差しや追いが強いなどの傾向もあります。

逃げ馬に特徴について

競走開始直後から先頭に立ち、そのままゴールインすることを目指す脚質のことを言います。

一般的に逃げの戦法をとる馬というのは、他の馬より前に出ようとする闘争心の強い馬や気が弱く馬群の中でレースをするのを嫌う馬が多いです。

追われるから逃げるというイメージで考えれば良いと思います。

気性の荒い馬はペース配分さえ間違わなければ堅実な走りを見せてくれますが、騎手の言うことを聞かずに逃げるケースもあり、走るペースが早くなりがちです。

一方で気弱な馬は他の馬に追いつかれた途端に気力をなくしてしまうことが多いので注意が必要です。

又、気の弱い逃げ馬はペースの緩急をつけるのが苦手なので、単調なペースで走ることが多いです。

スタートから一気にダイナミックな走りを見せてくれますが、抜かれてしまうとそのあとは抜き返すことが難しくなるので、失速する傾向がある馬には注意したほうが良いでしょう。

先行馬の特徴について

逃げ馬のすぐ後ろを走り、追走して直線で抜け出す走り方をする馬の事を先行馬と呼びます。

レースの前半の逃げ馬のペースが遅くなったころを見計らって前方へ進出する気性と、後方からの追撃を凌ぐ脚力が要求されます。

最もレース中の不利を受けにくく、実力を反映しやすい戦法と言われています。

実力のある馬が先行して勝った場合、強い勝ち方という意味で「横綱相撲」と言われます。

馬群も怖がらない性格と、スタートや直後のダッシュも上手くなくてはいけない為、融通の利く性格や能力が高い馬が先行馬になりやすいですね。

差し馬に特徴について

レース後半の4コーナーあたりから勝負に出て、一気に追い抜く戦法を得意とする脚質です。

騎手の指示に素早く反応して前方へ加速することができる気性と、レース終盤での瞬発力が必要でとなります。

性格的に馬群の中に入っても怖がらない、前の馬が巻き上げた砂などを浴びても嫌がらない気性の持ち主で、瞬発力を武器とする競走馬がこの傾向になります。

G1レースの場合は騎手のテンションも気付かないうちに熱くなり、ハイペースな試合運びになることが多く、一般的には差し馬が有利といわれています。

又、逃げ馬が多いときにもハイペースになってしまうので、逃げ馬のスタミナが切れてペースダウンすることが多いです。

そのような場合でも差し馬が有利でしょう。

直線の短い競馬場では差し馬が勝ちやすい傾向になりますので、覚えておいた方が良いと思います。

また、ダートコースでは踏ん張りが効きづらいので差し馬は追い抜くことが難しくなります。

追込み馬の特徴について

最後の直線で一気にラストスパートを切り、前を行くうまをごぼう抜きにする戦法をとる脚質です。

馬の傾向としては、スタート直後のダッシュ力や瞬発力がよくない馬や、馬群を怖がったりする馬が追い込み馬となることが多いですね。

馬群を怖がる馬の場合、馬群の外を走るしかなく、どうしても走行距離が長くなるのでスタミナを消耗してしまいます。

又、馬群の後方にいるため、馬群が邪魔になり不利になる事も多いですね。

ですが馬場が荒れていない路面を走るため、走りやすいという利点があります。

一般的には、最後の直線が長く、その直線が上り坂になっている競馬場では勝率がグッと上がります。

馬の性格的には臆病で馬群を怖がったり、砂を浴びるのを嫌がる馬やのんびりした性格の馬が追込み馬になりやすいですね。

有名な名馬では、ディープインパクトやキタサンブラッグもこの追込み馬になります。

騎手の合図とともに、一気に駆け上がり馬群をごぼう抜きして一着を取ります。

「好位」はどんな位置取り?

「好位」は、レースのペースによって、「先行」と「差し」のポジションを使い分けることができる脚質です。

基本的には馬群恐れることなく、ペース配分がしっかりできる馬に適正があります。

先行や差し馬同様にここぞという時の瞬発力が必要になります。

馬の適性の他にも、騎手の能力が大きく左右されます。

又、本来は逃げ馬なのに騎手との相性が悪い時に好位馬と誤認される事もあります。

よって逃げ馬なのか先行なのか判断が難しい場合があります。

「自在」はどんな位置取り?

「自在」は「逃げ」から「追い込み」までこなす万能タイプのことで、まさに自由自在に走れます。

どこにいても動じない、性格的にマイペースで騎手のいうことをよく聞くおとなしい馬に適正があります。

この脚質はごく稀で、調教師が判断出来ない場合にもこの脚質になる場合があります。

凄くマルチに対応出来るので、優秀な馬になりますが、調教師に寄って大きく変わりますので、馬の負担も大きい事があります。

各脚質を持つ馬の位置取りから予想する


競馬馬の中でも脚質がそれぞれ違う部分が解ったと思います。

そのそれぞれある脚質の中で、位置取りを踏まえながら予想するコツや特徴を紹介します。

逃げ馬の位置取り


逃げ馬は最初からロケットスタートを切る都合上、もちろん先頭を走ります。

しかし、逃げ馬が2頭以上いた場合等は、熾烈な先頭争いとなるのでペースがハイペースになる傾向があります。

逃げ馬の利点は、基本的に周囲に他の馬がいないため、最短最良の走路を走ることが出来ます。

欠点としては先行を走る為、他の馬の目標にされて体力を温存されて後半に差されることがあります。

又、空気抵抗を他の馬より受けるという点もデメリットだと思います。

逃げ戦法にはスタートの上手さ、直後のダッシュのスピード、レース前半からある程度のスピードで走り続けるスタミナなどが必要とされます。

先行馬の位置取り


逃げ馬の2番手から5番手ぐらいの位置で追走します。

コーナーを超えた後の直線で抜け出す走り方で、その時点で逃げ馬を追い越すことが出来れば大抵の逃げ馬は再度追い越すことが難しくなります。

その理由としては、逃げ馬が前を走られるのが苦手だからですね。

この戦法は、レース序盤は馬群の中でも先頭のほうにいて、いつでも逃げ馬を抜けるポジションをキープします。

そのため逃げ馬のペースが速いと、先行馬もペースを上げざるを得なくなるため、ペース配分がうまくいかずスタミナ切れを起こしてしまう場合があるので注意したほうが良いでしょう。

そういった場合は、共倒れするか逃げ馬に逃げ切られることが多いですね。

一般的に逃げ馬や先行馬は直線が短い競馬場で勝率が高いです。

差し馬の位置取り


レース前半は馬群の中くらいから後方に潜んでじっと機会を待っています。

第4コーナー付近からはペースを上げて、ゴール手前で前を進む馬を追い抜こうとします。

位置取りはとても難しく、抜くときには馬群から抜け出す必要がありますので、位置取り次第ではそのまま追い抜けずにゴールしてしまう場合もあります。

追込み馬の位置取り


4コーナーを曲がり終えてから、最後の直線で一気に追い抜く為に、レース序盤は馬群の最後尾あたりを走ります。

追込み馬に関しては馬群をあまり意識することなく走れるので、位置取りはそこまで重要ではありません。

追い抜けるように離されすぎなければ十分にチャンスはあります。

但し、ダートコースや馬場が荒れていると、どうしても踏ん張りが聞かなくなるので追い込めない場合もあるので馬場には注意したほうがよいでしょう。

枠の場所に寄って変わる優位性

外枠や内枠の位置取りでも有利不利はもちろんあります。

大まかに言えば内枠の方が有利で、外枠は演習で考えるとその分距離が長くなるので不利と言われています。

しかし、細かく考えると内枠でも欠点はありますし、外枠にも利点はあります。

内側の有利不利について

内枠は走行距離が短くなるため、どうしても有利になりがちです。

しかし、それは他の馬にも同じ条件ですのでほぼ全ての馬が内枠にいることでしょう。

そうなると前を走っている馬が邪魔になり抜きづらくなります。

また、馬群の中にいる場合は馬のすぐ外側にもいるので外枠に抜け出す事さえ難しいでしょう。

そのため、先行馬や差し馬はその馬群の中で少しでも有利なポジションを確保しなくてはいけないので、ポジション争いが熾烈になります。

その結果として、最後までポジションを取れなかった等のアクシデントもあり、実力はあるのに出し切れなくて負けたなどが多いでしょう。

又、馬場もとても荒れていて、馬にとても走りにくいので一気に踏み出し辛く、ラストスパートを切るには不向きです。

よって最後の4コーナーを外側を走る馬も多いでしょう。

外枠の有利不利について

外枠にいけば外枠に行くほど長い距離を走ることになるので、同じ条件だった場合、内枠よりも遅くなります。

しかし、前にいる馬がインを開けてくれることはまず無いのでどうしても外側から抜かなければいけません。

それをフォローする為にも馬の速さやスタミナが必要です。

レース終盤になると、馬も疲れている為、どうしても外側にいると無駄にスタミナを消耗してしまうのでラストスパートを切れなくなってしまうこともよくあります。

その結果逃げ切られてしまうといったレース展開になることも多いですね。

利点としては馬場が荒れていないため走りやすいことです。

ラストスパートを切れるスタミナさえあれば、一気に加速出来ることもあるでしょう。

競馬予想に使える位置取りのまとめ

今回は、競馬予想で重要な位置取りについて紹介しました。

競馬では、レース展開の中に位置取りが非常に重要になって来ます。

馬の脚質に合わせて、騎手の戦略通り走ってくれるのかが最大の魅力になりますね。

しかし、馬によって追いなのか、差しなのかなどの特性ありますので、過去のレース中継を確認することで大体の傾向を掴むことが出来ます。

注目する馬がいれば、過去のレース等も見直して勝ちパターンを探してみてはいかがでしょうか。

基本的には枠で大きな展開も予想されます。

新聞などの道中の展開なども気にする事で良い結果になると思います。