競馬予想サイトの必中インパクトは、本当に必ず当たるサイトなのか検証します。

サイト名 必中IMPACT
TEL 03-5937-3202
メール info@baken-f.com
住所 千葉県千葉市中央区富士見2-7-9富士見ビル Toonesレンタルオフィス千葉
URL http://himpact.net
コメント 一撃必中型の競馬予想サイトです

競馬予想サイト必中IMPACTのは一撃で当たるの?


このサイトは、高配当の馬券を一撃で当て、高額な収益を得れるように予想を公開しているサイトのようです。
非常に強気な姿勢で興味を惹かれましたので、このサイトの内部を徹底解析していきましょう。
以下がサイト内に記載されているPR部分の抜粋です。

必中IMPACT(必中インパクト)は、圧倒的な的中実績で一撃必中の情報を提供している競馬予想サイトです。業界最高水準の情報網から紡ぎ出された予想情報は必見! その量、その質、その満足度…どれを取っても他の追随を許さない仕上がりの情報ばかり。 高配的中に役立つ情報は、競馬初心者はもちろん、コアな競馬ファンからも大いに賞賛されています。 必中IMPACT(必中インパクト)で提供している情報は、「推奨馬」や「券種、買い目、資金配分」といった内容を詳細に案内しています。 これこそ膨大に蓄積された情報量を持つ必中IMPACT(必中インパクト)だからできること! 投資競馬で必勝する“ 奥の手 ”は必中IMPACT(必中インパクト)にあること間違いなしです!

ここまで見たら、素人の方でも高額の万馬券をゲット出来るようなPRですね。
本当にそうなるのでしょうか?実際のレビューを交えて紹介いたします。

問題は無し?良い点あり!


まず、地方競馬についてですが、実績は不明ですね。
週に3日ほど地方競馬の情報配信をしていますが、無料予想は中央競馬に比べてパフォーマンスが非常に悪いです。
WEBページで公開されている的中実績も中央競馬のものばかりで、
地方競馬予想の実力は全くわかりませんので、中央競馬専用と考えて良いと思います。
一応、会員登録をして調べた結果、地方競馬の情報配信は少ないですが、ありました。
南関競馬が中心で関東の地方競馬が中心になっているようです。
中央競馬に比べて口コミ情報も少ないのが現状でした。
また、更新が止まることもあるようです。
無料コンテンツでは、買い目配信のほか、軸馬TARGET、危険な人気馬リスクホースが配信されていて、
競馬ファンが楽しめる内容で実際の予想にも役立ちます。
2017年9月26日時点では、非会員向けページの的中実績も9月9日のものが表示されていて、2週間ほど的中実績の報告が止まっていた報告があります。

競馬の予想自体が全滅という可能性もありますが、運営の信頼性に不安要素があります。
会社所在地も千葉のレンタルオフィスを使用しているようで、電話番号は東京03になっているため、実際に活動している拠点は別にありそうですね。
オープンして3年以上が経過した中堅競馬情報サイトですが、当初に比べて無料予想の提供数も減っているようで、少なくても信頼できる大手や成長中の注目サイトといった評価はできません。

会員登録特典は100ポイント還元


登録時に100ポイントを全員に付与しています。

無料予想は割と良いの?


必中IMPACT(必中インパクト)の無料情報は以下の3種類です。

無料予想の評判はまずまずで、地方競馬の予想も少しは当たっているようです。
しかし、必中というサービス名称を使っている割には、
的中率はそれほど高くなく、全般的に馬連、馬単、3連複などの堅い予想が多いです。
無料情報に3連単の高額の予想もありますね。
土日に各4鞍ずつ(午前2鞍、午後2鞍)提供されます。
月~水曜の地方競馬でも最低2鞍提供されています。
公開時にはログイン後、TOPページのリンクより確認できます。

軸にして買いたいオススメの1頭を選ぶ、軸馬TARGETについてですが、「軸馬TARGET」とは、その名の通り、馬連・3連複などの券種で「軸」として有用な情報を差します。
言い換えれば連対率・複勝率が高い馬を必中IMPACTの独自の視線から抜粋しています。
その情報は、土日でそれぞれ1頭ずつ提供となっています。
危険な人気馬を教えるリスクホースの欄についてですが、「リスクホース」とは、
各レースで人気が被りそうな各馬の中から、
過度の期待が寄せられている(人気ほどは結果が残せないと思われる)馬を紹介する情報のことです。

好結果を残せない可能性があるリスクを負いながら馬券を購入するよりは、
逆転の可能性のある馬を抜粋した方が収支的にはプラスになりやすい、という観点から提供しています。
こちらも、土日1頭ずつの情報提供です。

必中インパクトに潜入した結果


必中インパクトの「無料予想」を実際に調査したユーザーを意見をまとめました。
そのユーザーをAさんとしましょう。 Aさんが買い目の提供を受けたのは、去年の6月16日でした。
無料で提供された情報は翌日の函館1Rと東京2Rの買い目です。
それでは、函館1Rから見ていきましょう。

ここはあくまでサンプルですので、馬の名前は関係ありません。
④エトワールドパリ(1番人気)を軸に馬連で流して4点買いという情報です。
④⇒⑬⑫⑥⑩ 結果は不的中でした。

このレースは②-⑪で2番人気⇒3番人気という簡単な決着だったのにかすりもしませんでした。
馬連で5頭選んで1、2着に1頭も入れないのは、よく解らないですね。
この結果を踏まえても、この競馬予想サイトは、まず軸が当たっていないのは問題ですね。
期待薄ですが、2レース目の東京2Rも見ていきましょう。
軸の⑦サンライズソル(2番人気)から馬連で流して5点買いです。
⑦⇒③⑥⑬⑫⑤ 結果はもちろん不的中。
③-⑧で1番人気⇒5番人気なので、馬連流しの5点買いなら人気順に流せば的中するレースだったのですが、
なぜこのような予想なのか謎です。
必中インパクトが買い目に入れた馬の結果を詳しくお伝えしておくと下記のような結果になる事はわかりました。
軸 ⑦(2番人気) 13/13着
相手
③(1番人気) 1/13着
⑥(3番人気) 7/13着
⑬(4番人気) 5/13着
⑫(6番人気) 11/13着
⑤(9番人気) 4/13着
悲惨な結果なのがわかると思います。
人気馬で固めてこの結果なのは、少し疑いますね。 重
要な部分はこのサイトが選択する軸馬が最下位というは、非常に厳しいですね。
この結果だけをみてしまうと的中率は低いと断定せざるを得ないですね。

的中実績はどのくらいなの?


このサイトに記載されている情報を元に的中実績を考えると、
まず捏造の要素です。
公開されている中山2Rと阪神4Rは馬券の種類もなく、なんの情報プランであたったのかもわからないという状態がありました。
これは捏造と断言はできませんが、実際詳細は解らないので、的中実績は怪しいところです。

いくらで情報が買える?


必中IMPACTの有料情報は以下の2種類です。
まずはPT情報について紹介します。

毎週土日に1鞍5PTから販売してます。
内容は推奨馬印と馬連(or馬単)・3連複・3連単の買い目情報です。
基本的にPT数が高い情報ほど、的中精度に自信のある情報となります。
PT情報の閲覧にはPTの消費が必要です。
必中IMPACT(必中インパクト)で利用できるPTは、1PT=100円で販売しています。
PT購入後に希望情報を選択してPTを消費することで利用できます。
PT購入のみでは利用できませんのでご注意ください。
キャンペーン情報については、必中IMPACTで最も大きな払戻獲得を狙うスペシャルコンテンツです。
案内できる人数に限りあるため、各週抽選で当選された会員に案内されます。
当選会員への案内はメールとサイトページ上で行なわれます。
また、キャンペーン情報の馬印・買い目はサイトに登録しているメールアドレスに直接送られます。
キャンペーン情報に参加するには、各キャンペーンごとに案内される募集期間内にPTを消費して参加申込みを行う必要があります。
参加済み情報は、メニューの[ご参加中情報]から確認できます。
高額な払戻獲得を狙うコンテンツの性質上、案内できる人数には限りがあり、全ての会員に必ずしも案内できるものではありませんので予めご了承ください。
キャンペーン情報の詳細金額について以下にまとめました。

特別投資案件
200万円コース
提供券種:3連単
買い目点数:1点から30点以内
推奨賭け金:1点500円から1,000円
参加費用:548ポイント

特別投資案件100万円コース
提供券種:3連単
買い目点数:1点から30点以内
推奨賭け金:1点500円から1,000円
参加費用:398ポイント
また、ポイント交換部分の情報も以下の通りになります。
ポイント情報の提供券種は馬連(or馬単)・3連複・3連単のどれかです。
ブロンズ 参加ポイント:5ポイント
シルバー 参加ポイント:30ポイント
ゴールド 参加ポイント 100ポイント

競馬予想サイト必中インパクトの評価


レビュー結果ですが、このサイトは必中させていく事に対して、当たる要素は少ないと思います。
管理人が判断する要素として、2つあります。 まず、無料予想の情報が軸が大きくハズレている事があることです。
予想はまず軸を考える事があります。
軸が外れるのはありえますが、その設定した軸がビリになっているのは、良くないですね。
次に、的中実績の開示情報についてですが、レース名のみで詳細が何もない事です。
その部分部分を考えると、あまり優良なサイトではないのか、という判断になってくると思いました。

名前
評価
本文
画像