競馬予想サイトのリアルな口コミ・評判なら当サイトでチェック!独自の評価基準で優良サイト詐欺サイトか検証・比較し、おすすめ競馬予想サイトランキングとして公開していますので、ぜひご参考ください。

競馬予想サイトの9割は
詐欺サイト

競馬好きの聖地!中山競馬場を予想する為のコツと特徴を徹底解析します!

中山競馬場と聞いて、皆さん何を思い浮かべますか?

競馬に興味が無い人でも、一度は聞いた事がある競馬場だと思います。

数多くの競馬場がある中で中山競馬場とは競馬ファンの聖地として、大きなレースが開催される有名な競馬場です。

今回はその中山競馬場で予想をするコツや細かいコースの特徴を紹介します。

有名な中山競馬場とはどんなところ?

中山競馬場は1年の締めくくりとなるグランプリ・有馬記念や牡馬クラシック第1弾・皐月賞など、競馬ファン以外の方にも馴染み深いG1レースが開催される競馬場です。

ニュースでも、中山競馬場という言葉をよく耳にします。

競馬ファンにとっては聖地ともいえる場所で、一度は行ってみたい場所の1つですね。

中山競馬場を簡単に説明します。

中山競馬場の住所は「千葉県船橋市古作1-1-1」となっており、最寄り駅はJR船橋法典駅から専用地下道(動く歩道)を通っていくのが一般的です。

また京成東中山駅から徒歩約20分(バス10分)、JR西船橋駅から徒歩約30分(バス15分)というルートもあります。

中山競馬場のコースは、直線には高低差2.2mの急な坂が待っている右回りコースの中山競馬場です。

単純なスピードタイプでは通用せず、スピードにパワーやスタミナを合わせ持つ馬が上位争いに加わります。

それでは、中山競馬場の細かな部分をご紹介します。

絶対に覚えよう中山競馬場の特徴3点


中山競馬場には抑えておく必要がある要素は大きくみて三点存在します。

この内容は予想にも大きく関わってきますので、絶対に頭に入れましょう。

それではその三点を紹介しましょう。

その1 最後の直線にある急坂がある

まずは最後の直線の急坂です。

高低差は2mほどなのですが、これがゴール手前200mから100mの間でのものになるため、パワーのない馬はここで脱落してしまいます。

過去もこの坂で、脚力勝負をした馬は多く存在します。

この上り坂を登りきる体力が馬には重要でしょう。

その2 直線が310mしかない

大レースが行われる競馬場は、直線の長さが400m以上あるのがふつうです。

ところが、中山競馬場は310mしかありません。

コーナーでの差を縮めるための直線ですが、普通より距離が短いのでノビが悪い場合は注意が必要です。

その3 内回りと外回りがある

内回りは楕円形のコースで、外回りはおむすび型のコースになります。

求められる適性はかなり変わりますので、この違いについては意識するようにしてください。

この3つが中山競馬場の重要な特徴になります。

これを踏まえた上で、馬の脚力や細かい直線のタイムを計算して購入するのも中山攻略のコツだと思います。

中山競馬場 開幕週は傾向がある


一般的に開幕週は芝の状態が良好なので逃げ先行馬が有利だと言われています。

しかし、実際の統計データを見てみると、中山競馬場の場合開催初日が最も逃げ馬の勝率が低くなっています。

恐らく開幕週は逃げ先行馬が有利だというセオリーが定着したがために、騎手の意識が先行策に向きやすく、その結果ハイペースになりやすかったりします。

または能力の低い馬の無理な逃げがバテるケースが多いと推測できます。

ただし、複勝率で見てみると逃げ馬の複勝率がもっとも高くなるのは、やはり開催初日と2日目、つまり開幕週でしょう。

パーセンテージはたかが知れているので、先行策を取ること自体は間違いとは言えませんが、過度の期待はしない方が賢明です。

開幕週と最終週の枠番号別の成績を見てみると、開幕週はデータ上では特にどこの枠でも大きな有利不利は見られませんが、最終週は若干外枠の方が不利になっています。

一般的には馬場が使用されて芝が傷んで来ると内枠は不利になると言われがちですが、最終週ともなると内も外も荒れてて結局距離ロスの少ない内枠が有利になりやすいのかも知れません。

また、中山競馬場 ダートコースの特徴です。

通常ダートコースはフカフカの砂の上を走るので、芝のコースよりもパワーが必要になるのですが、中山競馬場の場合は前述した通り高低差が激しいため更にパワーの必要な競馬場です。

予想の際に気を付けたい事は、前走が新潟や福島などのあまり高低差の大きくない競馬場だった馬です。

この場合は前走の着順やパフォーマンスを鵜呑みにしない方が良いですね。

前走が東京中山だった馬と関西や新潟福島だった馬を比較すると、関東以外の競馬場を経た馬は同じ単勝1番人気の馬でも勝率が10%前後低下するデータもあります。

コース別に予想のコツを掴む


中山競馬場には、外回り、内回りとコースが多く存在します。

そのレースによって予想に重要なコツも変わってしまいます。

その為、コース別に細かい情報を見ていきましょう。

芝1200m・外回りについて

スプリンターズSが行われるコースです。2コーナー奥からスタートし、3コーナーまで約400mの下り坂があり、加速がついたまま最後の直線に向かいます。

直線距離が短いため、追い込み一手の脚質には不向きです。

先行力があり、急坂でもいい脚を使える馬に向いていると思います。

芝1600m・外回りについて

芝の1600mでは、1コーナーのポケットから出ておむすび型のコースを1周するイメージで、毎日杯フューチュリティーステークスが行われます。

2コーナーをスムーズに回って向正面でいい位置を取るためには内枠が断然有利です。

コースの最高点から外回りの3コーナーの中間まで一気に駆け下りるため、ハイペースになりやすいのです。

ゴール前でバッタリ止まる馬も少なくはないですが、逃げ・先行馬の前残りは大いに期待できます。

差し馬なら直線入り口で好位につけられ、急坂を克服して前を捕らえる瞬発力があることが望ましいでしょう。

芝1800m・内回りについて

向正面に出るまで2つのコーナーを走るため、1コーナーで外を回されると二重の不利で距離ロスが大きいのです。

そのため、先行馬の外枠はかなり不利です。

また、コーナーを4回まわるので器用さを備えた逃げ・先行馬に分がよさそうですが、先行争いが激しくなるため差し・追い込み馬が健闘しています。

ただし、馬場が渋った場合は先行脚質が有利です。

芝2000m・内回りについて

内回りをぐるりと1周する皐月賞のコースです。

2度の坂越えと4回のコーナーをこなすには、スピード・スタミナ・器用さが求められます。

スタートから1コーナーまでは405mあり、高低差のある坂を上るためハイペースになりにくいのです。

ここで先手を取れた先行馬は、向正面下り坂で息を入れながら最後の直線に向かう事ができるため、そういう展開になると後続馬は苦しくなります。

先行馬に有利なコース設定といえ、多頭数の大外枠は不利と考えていいでしょう。

芝2200m・外回りについて

スタート地点から最初のコーナーまでは2000mと同じ展開ですが、外回りのおむすび型をほぼ1周します。

向正面から3~4コーナーの中間までは緩やかなカーブでスピードに乗りやすいため、ここで一気にペースが上がって、ゴールまでなだれ込むパターンが多いのです。

ロングスパートが出来る馬を見つけたいですね。

芝2500m・外→内回りについて

年末の風物詩として数々の名勝負を生んだ有馬記念のコースです。

スタートは外回りの3コーナー手前で、2週目の2コーナーから内回りに入ります。

スタート直後の3コーナーからスタンド前に出てくるまで先行争いが繰り広げられるため、主導権争いは激化しやすいのです。

先行出来る馬の方が有利で、差し・追い込み馬の場合は、よほど抜けた能力の持ち主でないと勝つのは難しいでしょう。

芝3600m・内回りについて

暮れの名物レース・ステーイヤーズステークスが行われます。

内回りを2周する間に急坂を2回、コーナーを8度も通過するため、豊富なスタミナに加えて先行出来るレース巧者が活躍しています。

ダートコースにも特徴がある


ダートコースは、直線の長さが308mで芝コースと同じく東京競馬場よりも約200m短いコースです。

冬場は凍結防止剤を撒きますので、想定以上に時計が掛かる状況になる事があります。

馬体重の大きい馬やスムーズな競馬ができる外枠の馬が台頭するケースが多くなりますので、特に冬場は馬体重と外枠の馬に注意しましょう。

まずは1200mコースです。

2コーナーのポケット地点から始まる芝スタートのコースです。

外枠の馬の方がスムーズに先行できるため有利ですね。

内枠の馬は外枠の馬に被されると苦しくなります。

基本は先行馬が有利となりますが、ペースが速くなると、直線にある急な坂の影響もあって先行馬が全滅しますので、ペース次第では差し馬や追い込み馬の台頭があります。

次に、1800mのコースです。

4コーナー付近にスタートゲートが設置されているコースです。

1200mと同様に外枠が優勢ですが、追走に手間取る馬は苦戦します。

脚質は中団よりも前にいる馬が有利になりますね。

単調な逃げ馬だと直線の急な坂で脚が止まりますから、道中でタメが利く先行馬がベストです。

最後に2400mのコースです。

JRAの競馬場で最もタフなコースとされる中山競馬場のダートの長距離戦ですから、何よりもスタミナの有無が重視されるコースです。

向正面からスタートして、コーナーを6度回ります。

枠順で極端な傾向は出ていませんが、内過ぎず外過ぎずの4枠が好成績を残しています。

中山競馬場の予想コツまとめ


今回は、中山競馬場の予想に関してコツをまとめました。

多くのレースを行っている中山競馬場ですが、予想に必要な要素が沢山ありましたね。

競馬はギャンブルですが、非常に多くのデータから統計が取れる部分を考えると有利な事もあります。

なので、予想をするのに情報を多く知っている事が重要です。

初めて競馬を楽しむ方にも、知識がある事で的中に繋がると思いますで、是非予想する際は読んで思い出して下さい。

関連記事

帯広競馬場は、ばんえい競馬!ばんえい競馬のひと味違う予想のコツを紹介!

金沢競馬場は平坦で走りやすい!!その予想のコツを教えます!!

南関競馬でも一番難しい!大井競馬のTCKを予想するコツも入れてご紹介します!

直線だけで1000m!新潟競馬場で予想するコツを競馬場の特徴も混ぜて紹介!