JRAの提供するUMACAを利用して馬券購入をもっと便利に!登録方法などを解説していきます。

皆さんはJRAで提供されているUMACAというICカードは知っていますか?

このUMACAというものはJRAが新しく始めたサービスで、SUICAなどの様なICカードで馬券を簡単に購入することができるのです。

UMACAとは


まずは、JRAで提供されているUMACAについて知らない人もいると思うので、紹介していきます。

UMACAについて一言で簡単に説明していまうと、電車の乗り降りで使用する「SUICA」の競馬バージョンと捉えてもらってもよいかもしれません。

UMACAというICカードにお金をチャージして、そのチャージしたお金で馬券を購入することもでき、的中したお金もICカードに入るので、出金もできるカードとなっています。

今までは競馬場で馬券を購入するといえば、鉛筆でマークシートを記入して、投票機に現金を入れて馬券を購入して、的中すれば馬券を換金するという流れでした。

しかし、UMACAがあれば、現金をチャージして専用の機械を使い、タッチパネルで馬券を購入できて、的中した場合もそのままのカード1枚で換金することができます。

マークシートに書く手間が省け、不要な紙も使わなくなり、環境に優しい現代的なサービスと言えるでしょう。

UMACAの特徴


次に、ICカードのUMACAの機能について説明していきます。

UMACAはマークシート不要!

冒頭でも説明しましたが、UMACAの最大の特徴はマークシートがいらない点でしょう。

今までの競馬では鉛筆でマークシートに記入して馬券を買う流れでしたが、この手間が一気に解消されます。

また、競馬場の中はマークシートが散らかっていて、あまり綺麗と言えない場面に遭遇することが多いと思います。

このUMACAのおかげで、競馬場も綺麗になるし、環境問題にも対応できているのでとても環境に優しいサービスとなっています。

UMACAは無料で登録可能!

ICカードUMACAを登録する際にはお金は一切かかりません。

ただし、紛失や破損してしまった場合には再発行手数料の300円が必要なので注意してください。

購入した馬券はデータで管理

購入した馬券のデータや的中した馬券のデータは全てデータ上で管理する仕組みとなっています。

記念馬券が残らないというデメリットもありますが、過去に購入した馬券の履歴は60日前までの記録であれば「UMAポート」という専用の機械を使う事で確認することができます。

静脈認証で不正利用も安心!

落としてしまったら、他人に使われてしまうのでは?と不安を持ってしまうかもしれませんが、大丈夫です!

仮にUMACAが第三者に渡ってしまったとしてもセキュリティ対策はきちんとされています。

なんと、UMACAでは静脈認証を使い、手のひらの静脈を識別して本人の確認をするシステムとなっています。

これなら、第三者による不正利用の心配はありませんね。

出金期間は最長5年と、とても長い!

今まで、競馬場で購入する馬券の払い戻し期限は60日間でした。

しかし、UMACAでは的中した馬券の払い戻し期限は最長で最終利用日から5年間もあります。

これによって、的中したのに払い戻しを忘れてしまった・・・。

なんてことは、ほぼ無くなるのではないでしょうか。

UMACAの会員登録方法


上記ではUMACAの便利な機能について説明しました。

では、実際にUMACAはどうやって登録できるのか、解説していきます。

UMACAはすぐに登録できる

UMACAを登録するには「UMACA登録ブース」へと足を運ぶ必要があります。

指定された地域と場所があるので、事前に調べておく方が良いかもしれません。

現時点で登録ブースがある場所は以下となります。
・東京競馬場
・京都競馬場
・福島競馬場
・中京競馬場
・函館競馬場
・阪神競馬場
・WINS銀座
・WINS難波
・WINS神戸

現時点では登録ブースが、あまり多くはないですが順次他の競馬場やWINSなどでも登録できるようになってくるそうです。

今後UMACAを導入予定の競馬場・WINSは下記のとおりです。

〇競馬場
小倉競馬場(2019年6月29日より導入)
札幌競馬場(2019年7月13日より導入)
新潟競馬場(2019年7月13日より導入)
中山競馬場(2019年8月17日より導入)

〇WINS
下記WINSへのUMACA導入は2019年秋以降とのことです。
WINS札幌
WINS新宿
WINS後楽園
WINS渋谷
WINS立川
WINS名古屋
WINS京都
WINS梅田
WINS道頓堀

2019年のうちには全国でUMACAが導入される予定があるので、楽しみですね。

現状あまり知られていないシステムなので、利用する方は少ないかもしれませんが、今後はUMACAで馬券を購入するのが当たり前の時代になってくるかもしれませんね。

UMACAを実際に登録

東京競馬場で実際に登録したので、東京競馬場での登録方法を説明していきます。

まずは東京競馬場の3FにUMACAの登録の為の特設ブースが設けられているので、行ってみましょう。

登録に必要なものは身分証だけで登録する事ができます。

免許証や保険証、マイナンバーカードなどで登録する事ができます。

身分証の提示をしたら登録用紙に情報を記入してください。

記入する内容は簡単で以下の7点だけでした。

・ニックネーム
・生年月日
・性別
・郵便番号
・暗証番号
・手のひら静脈
・ログイン認証方式

こちらの登録をするだけでUMACAを手にすることができます。

手のひら静脈の登録だけは専用の機械を使って登録を行います。

ニックネームに関しては何でも良いのですが、その場で復唱されてしまうので、変なものにしないほうが良いかもしれません。

選べるUMACAのカードデザイン


最後にUMACAのカードのデザインを選んで登録完了です。

私が登録した時には上記の3つから選べました。

1番人気なデザインは真ん中という事だったので、私も真ん中のデザインを選びました。

登録完了ですぐに使える!

登録したUMACAは即日で受け取る事ができます。

登録した日からすぐに利用することも可能です。

実際に登録したところ、5分程度で登録が終わったので興味がある方は登録してみてはいかがでしょうか。

こちらから、事前登録を行う事もできます。
http://www.jra.go.jp/kouza/beginner/umaca/entry/

UMACAの入金方法


では、実際にUMACAを手に入れる事ができたので、入金して馬券を購入していきましょう。

UMACAで馬券を購入するには専用の機械で操作を行う必要があります。

いまあまでの馬券を購入する機械の方に向かっても何もすることはできません。

まず、入金の際に使うのは「入出金機」の方となります。

機械でカードをスキャンした後はタッチパネルで操作します。

コンビニなどに設置してあるATMの操作方法と似たようなもので、とても簡単です。

入金が完了すると、利用明細が出てくるので、こちらで入金額と精算可能残高の確認をすることができます。

UMACAで馬券購入


UMACAにお金のチャージが完了したら、次は馬券の購入です。

次に利用するのが上記の画像のような「UMACA投票機」というものです。

この機械にUMACAをスキャンさせて、購入していく流れになりますが、購入方法は3つあります。

・タッチパネル投票
・スマッピー投票
・マークシート投票

今回はタッチパネル方式を使って購入してみましたが、こちらも入金と同様にATMを操作する感覚で簡単に購入することができました。

馬券の購入をすると、レシートの様な利用明細がでてきます。

この明細でも購入した馬券の内容が確認できますが、きちんとデータに反映されているので、利用明細を失くしてしまっても大丈夫です。

UMACAの出金方法


購入した馬券は的中しましたでしょうか?

もし、的中した場合の出金方法を解説していきます。

自分が購入した馬券が的中した場合には、上記の写真のように「出金可能金額」というものが的中金額に反映されます。

出金は10円単位から100万円まで行う事もできますし、銀行のように貯めて置くこともできます。

いくらまで、貯めておけるかは分かりませんが、資金管理が楽になるかもしれません。

UMACAのメリットとデメリット

ここまでで、UMACAの登録方法や利用方法について解説していきました。

実際に使ってみてメリットと感じた部分やデメリットと感じた部分をまとめたので紹介します。

UMACAのメリット

・購入がとても簡単。
・マークシートを書く手間が省ける。
・購入履歴を確認できる
・馬券が無く、万が一失くしてしまった場合もデータとして残っているので損してしまうことはない
・WIN5、海外馬券が購入できる。
・お得なクーポンが手に入る。

実際に登録して利用してみると分かると思いますが、本当に登録も購入も簡単で楽です。

また、WIN5や海外馬券を購入する事もできるのはメリットの一つと言えるでしょう。

さらに、競馬場で使えるお得なクーポンを発行することもできるらしいです。

UMACAのデメリット

・専用の機械の設置数が少ない為、使う場所が限られる
・馬券が手元に無い

思いつくデメリットはこれくらいです。

サービスを提供し始めて、あまり時間が経っていないので仕方ないかもしれませんが、機械の設置台数がとても少ないです。

入金と購入する機械が別々なので、慣れるまでは分からなくなってしまうかもしれません。

また、購入した馬券が手元に残りません。

不的中となった場合などに記念として手元に残しておきたいのであれば、今まで通りマークシートに記入して通常の方法で購入しなければなりません。

UMACAの注意点


UMACAに入金したお金は、そのまま出金することができません。

出金可能になるお金は的中したお金のみです。

馬券を購入して的中した金額しか出金することができないので、「とりあえず、多めにチャージしとくか」などと軽い気持ちで入金してしまったら最後、的中するまで出金することができませんので注意してください。

間違えて入金して、出金したいからと高額を賭けて、チャージ分が失くなって仕舞ったなどという事にもなりかねません。

また、購入した馬券のキャンセルや変更はできません。

タッチパネルで購入するのは本当に簡単で、画面をタッチするだけなので、その簡単さゆえに間違えてしまうこともあります。

なので、購入する際にはレース番号や馬番をよく確認して、間違いないようにしましょう。

まとめ


今回はJRAで提供されている新しいサービスUMACAについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

UMACAは今までの馬券の購入方法を覆すような画期的なシステムとなっています。

登録も利用もとても簡単なので、今後拡大されると予想されるUMACAの利用を是非検討してみてください。