東京競馬場は直線が長い!東京競馬場で開催する重賞に役立つ予想コツを紹介!

JRAの競馬が開催される競馬場は全国に10ヶ所あります。

それぞれ特徴が違うので、どの競馬場で行われるレースなのかという点も、馬券の検討の際には大切な判断要素になると言えるでしょう。

なかには特定の時期にしかレースが行われない競馬場もあり、その季節に旅行を兼ねてレースを見に行くという競馬ファンも少なくありません。

今回は、その中でも、東京都の府中市にあるJRA最大の競馬場である東京競馬場の紹介を予想のコツも含め紹介します。

東京競馬場とはどんな競馬場なの?


東京競馬場は、G1レースが最も多く開催される、日本を代表する競馬場です。

最後の直線には坂があり、直線距離も長く力のある馬が走りやすい構造です。

芝の質は軽めになりやすく、瞬発力のある馬が向いています。しかし時期によっては内を通る先行馬しか好走できなかったり、外の差し馬ばかり好走するケースも目立ち、そのときの傾向を見極めることが馬券を取るポイントになります。

日本最高峰にして競馬の祭典ともされる日本ダービーや、古馬の最強クラスが集う天皇賞(秋)・ジャパンカップなどが行われます。

起伏も変化に富んでおり、第1コーナーから向正面半ばまで高低差1.9mの長い下り坂が続き、直後の第3コーナー手前には高低差1.5mの上り坂です。

これを上りきると短い平坦部分を挟んだ下り勾配が続き、第4コーナーから上り勾配に転じます。

ゴールまでの直線には残り480m地点 – 260m地点にかけて高低差2mの長い上り坂があり、「だんだら坂」とも呼ばれ東京競馬場の名物となっています。

ゴールまでの直線距離も新潟競馬場(外回り)に次ぐ長さで、非常にタフなコースとされている事が有名です。

カーブも半径がゆったりしているうえ、幅員も広いためコースは4通りに使い分けることができ、馬場の傷みの進行も最小限に抑えることができるようになっています。

東京競馬場芝の狙い方うコツ


東京の特徴と言えば、直線の長さと広さだと思います。

新潟競馬場の次に長い直線は、非常に盛り上がるポイントですね。

なので、後方策の馬も思いのほか活躍する傾向にあります。

しかし、注意したい点もあります。

直線が長いと思い、後方策の馬が多くなる傾向があることです。

いくら長い直線と言えども、基本的には逃げ先行が強い事に変わりありませんので、スローになれば、前残りは結構起こります。

予想する際には、展開をよく考えることが必要になるでしょう。

他の場所に比べて、差し追い込み馬を軽視しすぎる必要はない。

しかし、逃げ先行を軽視するのは危険、という事です。

また、東京コースには中山ほど目立たないが、坂があります。

急激ではないですが、長い坂であるため力のない馬には厳しいコースだと思います。

この坂に影響しない多少のパワーが求められます。

狙える馬は、長くいい脚が使える馬になるでしょう。

直線が長い以上、一発の瞬発力以上に持久力が必須なので、このような馬を探して予想しましょう。

東京競馬場ダートの狙いコツ


ダートに関しては芝以上に距離別で有利不利が変わります。

その為、距離別に紹介します。

まずはダートの1300mですが、距離から見ても、スピードが命でしょう。

ダートらしく、逃げや先行馬が有利なコースとなっています。

次にダート1400mですが、100mしか違いがないが、差し馬の活躍も出てきます。

スピードだけではなく、タフさも重要だと思います。

そのため、ハイペースになることが多く、粘れるかが先行馬のカギになります。

では、1600mの場合はどうでしょうか。

今年は終了しましたが、フェブラリーSの舞台でもあります。

芝からのスタートというのが、一つ注目です。

芝でも多少走れる馬ならば、この時点で有利になります。

なので、ダート専用馬には少し厳しいという事でしょう。

また、差し馬の好走も多くなってきます。

東京ダートの坂は芝よりも厳しいため、余力がある馬が勝利しやすい傾向にあり、枠は若干外が有利でしょう。

最後は、ラストは長い2100mです。

ポジション争いが起こりやすいく、向こう正面で落ち着く傾向にあります。

外枠は有利とはいえず、ダートにしては珍しいのではないでしょうか。

馬券を考えるなら、長距離実績のある馬が狙いだと言えると思います。

折り合いがつく馬が活躍傾向にあります。

コース別にも特徴が存在する


東京競馬場は、直線も長く少し傾斜がある事も解ってきたと思います。

そのレースによって予想に重要なコツも変わってしまいます。

その為、コース別に細かい情報を見ていきましょう。

芝1400m

スタート地点から3コーナーまでの距離は300mと短いが、急坂があるせいか、あまりハイペースにはなりません。

思い通りのポジションが取りやすい真ん中より内側の枠に有利な傾向があります。

脚質による有利不利は少なく、自分のレースが出来るかが鍵となります。

この距離でもマイル(1600m)をこなせるだけのスタミナが要求されるのです。

芝1600m

安田記念、ヴィクトリアマイル、NHKマイルカップなど、最強マイラー決定戦の舞台となります。

スタート地点が向正面の右手奥なのでバックストレッチが長く、枠順の有利不利はあまりありません。

そのバックストレッチが緩やかな下りになっているため、平均ペース以上の緩みのないペースになりやすく、勝負は直線に向いてからとなります。

ただし、追い込み一辺倒では厳しく、粘り強い先行力または長く持続する末脚が必要です。

純粋なマイラーよりもやや距離の融通が利く、中距離志向の馬に分があります。

芝1800m

スタート地点は1~2コーナー間のポケット地点で、約150m進んだところで向正面の直線に出ます。

この合流地点までのポジション争いは激しくなるものの、全体的な流れは落ち着きやすく、

速い上りの脚を確実に使える馬に向いています。

先行する能力のない内枠の馬、多頭数の大外枠は不利な傾向があります。

芝2000m

1コーナー奥のポケットからスタートし、約100mで2コーナーのカーブが待ち受けるため、外枠の馬が内へ入るのは難しいのです。

したがって外枠の逃げ、先行馬にとっては難コースでしょう。

しかし、内枠で先行出来る馬には有利です。一般的に内枠が断然有利なコースとして知られていますが、天皇賞・秋では7枠の好走例が少なくありません。

難所の2コーナーを過ぎれば幅が広々として直線も長いので、いい脚を長く使える馬なら枠順の不利も補えるということでしょう。

芝2400m

日本ダービー、オークス、ジャパンカップという国内最高峰のG1レースが競われます。

スタートから正面スタンド前で1コーナーまでの距離が長いので枠順の有利不利はありません。

最後の直線が長いため、上級レースになればなるほど逃げ・先行馬の押し切りは難しく、厳しい流れになりがちなG1では持続力と瞬発力を兼ね備えた末脚、スタミナが求められます。

馬場が悪化した場合は逃げ・先行馬が強いようです。

芝2500m

スタンド前の直線の坂下から発走するため、スタート直後に坂を上り、3コーナーさらに最後の直線と3度の坂越えをこなさなければなりません。

長距離線でも緩みのない流れになる事が多く、必ずしも逃げ・先行馬が有利ではありません。

最後の直線が長いだけに、馬群がダンゴ状態で差し・追い込み馬にチャンスが生まれるか、もしくは前がバテて後続に差されるケースが多いのです。

レース数は少ないですが、重賞では目黒記念(GⅡ)とアルゼンチン共和国杯(GⅡ)が行われます。

芝3400m

府中きっての長距離戦・ダイヤモンドS(GⅡ)のコースで、平均ペースを中団で追走した馬が好走しています。

ダートに関しては、上記の狙い方のコツにコース別に記載してありますので、そちらをご参照ください。

東京競馬場芝1600mで好成績の血統は?


重賞を多く行っている東京競馬場です。

その中でも、東京の芝マイルに向く血統はどんな血統でしょうか?

過去3年間の東京芝マイルの種牡馬成績上位3位までを見てみましょう。

1位 ディープインパクト 単勝回収率 53,9% 複勝回収率 79,1%です。

2位 ダイワメジャー 単勝回収率 70,9% 複勝回収率 86,1%です。

3位 ハーツクライ 単勝回収率 88,9% 複勝回収率 68,8%です。

1位は、文句なしでディープインパクト産駒です。

ただ、ディープの子供は東京コースで走れることは皆知っていることなので、回収率はあまりよくありません。

2位のダイワメジャー産駒、3位のハーツクライ産駒はまずまずの回収率ですが、100%は超えていません。

東京芝マイルで狙える種牡馬は、クロフネ、メイショウサムソンだと思います。

クロフネとメイショウサムソンの成績を見てみましょう。

クロフネ は、単勝回収率102.3% 複勝回収率110.8%となります。

メイショウサムソンは、単勝回収率314.1% 複勝回収率105.5%です。

クロフネはおそらく、ホエールキャプチャの分が大きいですが、それでも瞬発力が問われる東京芝マイルでこの数字は誇っていい数字でしょう。

また、メイショウサムソンはデンコウアンジュが80倍超で勝ったことで単勝回収率が300%を超えていますが、複勝回収率が100%を超えているのは立派です。

穴ならば、この2頭の血統を狙うといいでしょう。

ただ、この2頭はスタミナタイプなため、秋か冬の東京で穴を開けることが多いと覚えておくといいでしょう。

東京競馬場の予想コツまとめ


いかがでしたでしょうか。

東京競馬場の事を少しは解って頂けましたでしょうか。

芝は最後の直線の長さがカギになります。

無理に差し馬を狙うと、前残りを食らう可能性があります。

ダートは距離別で全く違ってきます。

基本的には前が有利ですが、差し馬の活躍も多く見られます。

特に1600m戦では、芝スタートなのでそこがポイントになるでしょう。

少しでも競馬場に特徴を理解する事で、良い馬券を買う事が出来ると思いますので、参考してみて下さい。