簡単に馬券を買える即PAT!誰でも簡単に加入できるように登録方法を説明します!

今この時代、IT技術の進歩によってインターネットを何でもできるような時代になりました。

競馬の勝馬投票券を購入することも、インターネットを通して購入する方がほとんどです。

一昔前では、競馬場に足を運んだり、WINSへ足を運ぶか、電話投票の3種類でした。

一般家庭でパソコンやスマートフォンの普及に伴い、JRAはスマートフォンやパソコンを使ったインターネット投票に力を入れるようになりました。

それがA-PATと呼ばれ、都市銀行や地方銀行にA-PAT専用口座を開設し、発行されるIDやお客様番号等を入力することでパソコンやスマートフォン、プッシュホンで勝馬投票券を購入するシステムなのです。

このA-PATが主要銀行のインターネットバンキング(インターネットで口座への振り込み等が出来るシステム)の普及に伴い進化したのが即パットです。

なので、今まではA-PATで出来なかった事が出即PATでは来るようになりました。

この記事ではそんな即PATについて紹介していきます。

即patとは


まず、即PATとはどのようなものか説明していきます。

即PATは、インターネットを利用して、ブラウザ上で馬券を購入したり、オッズや馬体重、レース結果等の情報を取得したりすることができるJRAのサービスです。

今までは、馬券を購入するには競馬場に足を運んだり、場外馬券売り場まで足を運ぶ必要がありました。

また、競馬場や場外馬券売り場へ行かなくても、自宅けら電話投票で購入することもできますが、電話代などもかかり、あまりメリットのある投票方法ではありませんでした。

そして、この即PATが誕生したことにより、インターネット通して、自宅でも外出先でもインターネット環境さえあれば、いつでも馬券購入できるようになりました。

メリットとデメリット


馬券の購入がかんたんになった競馬ですが、メリットもデメリットも存在します。

ここでは、即PATを利用した際に発生するメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

即PATの一番のメリットとして馬券の購入がどこでも行なえる事ではないでしょうか。

自宅などで馬券を購入する場合には、そのレースの情報をパソコンやスマートフォンを使ってすぐに簡単に調べることができます。

競馬場やWINSなどで馬券を購入した場合、馬の血統など詳細について調べるのほ大変ですよね。

また、即PATでは最新の馬券のオッズもすぐに調べることができます。

競馬場や場外馬券場でもモニター越しに最新のオッズをカクニすることはできますが、自分の買った馬券のオッズを確認したくてと、中々映らないので、正直言って不便です。

しかし、即PATを使うことによって、最新のオッズをとても簡単に確認することごできます。

競馬自体を楽しむためには実際に足を運んでレースを見るのが一番良いのかもしれませんが、馬券を購入することにしてんを置いた場合は、即PATのようのインターネットを使った馬券購入のやりかたが一番楽で簡単でしょう。

なので、競馬場に足を運ぶ時に、スマートフォンやタブレットを持ち込めば馬券を購入するために並ぶ手間も省けますし、両方楽しんでいくことができるでしょう。

デメリット

次は即PATを使って馬券を購入した際に発生するデメリットを紹介していきたいと思います。

まず、一つ目のデメリットとしては現金を使って購入するのではないので、財布のヒモが緩んでしまうことではないでしょうこ?

手元にある現金だけで馬券購入を考えるのであれば、財布を確認しながら予算を考えることができるでしょう。

しかし、即PATでは銀行口座から直接お金を入金することができるので、際限なく馬券を購入してしまう場合があります。

また、簡単に買えるシステムのため、必要のないレースまで購入してしまい、収支がマイナスになってしまう恐れがあります。

これに関しては自己責任の部分にはなってしまいますが、どうしても簡単に購入できる為に発生してしまうデメリットだと思います。

最後は馬券の購入履歴が残ってしまうことです。

競馬場などで馬券を購入する場合には、個人情報などは必要ないので、あなたが何の馬券を購入したのかとうかは、自分しか知らないはずです。

しかし、即PATで馬券を購入すると、馬券の収支がハッキリと残ってしまいます。

この履歴の件でら競馬界では大きな裁判も行われているようです。

即PATのようにインターネットで簡単に馬券を購入すると、デメリットが発生してしまうこともあるというのは覚えておいてください。

申し込み方法


では、そんな即PATの登録方法を説明していきます。

ステップ1 銀行口座の開設


インターネットで馬券を購入する即PATに登録するには指定された銀行口座が必要となります。

まずは、下記の銀行口座をどこでもいいので開設してください。

「ジャパンネット銀行」
「楽天銀行」
「三井住友銀行(SMBCダイレクト)」
「三菱東京UFJ銀行」
「住信SBIネット銀行」
「ゆうちょ銀行」
「りそな銀行」
「埼玉りそな銀行」
「自分銀行」

楽天銀行やSBIネット銀行のようなインターネットバンキングでは、手続きが簡単なのでおすすめです!

ステップ2 即PATでアカウントを開設

上記の銀行口座を開設したら、次は即PATのアカウントをつくっていきます。

まずは、即PAT申し込みのページにアクセスします。

即パットの新規登録の受付時間は、競馬開催日の発売時間帯、または地方競馬IPATの発売時間帯になりますので、時間帯に注意して、登録を行ってください。

発売時間帯にアクセスし、自分が作った銀行口座の銀行名をクリックしてください。

すると、約定確認というものが表示されます。

この画面では、即PATへの登録・ご利用にあたり、ご理解いただく必要のある「約定」を表示しています。

約定の内容をよく読んで理解することができたろ、同意された上で送信ボタンを押して登録手続きに進んでください。

ステップ3銀行口座の情報入力

次は銀行口座の口座情報を入力するページに移ります。

この画面では、自分の銀行口座お客様の口座情報を入力していいきます。

入力された情報は各銀行にて照会され確認します。

入力項目には以下のよあなものがあります。

カナ氏名
自分の銀行口座の名義を全角カナで入力して下さい。

生年月日
銀行に登録されている自分の生年月日を西暦で入力してください。

性別
銀行に登録されている自分の性別を選択して下さい。

利用銀行
自分が利用している銀行名が表示されているか、確認してください。

店番号
利用している自分の銀行の店番号を選択して下さい。

口座番号
自分の利用している銀行口座の口座番号を入力して下さい。

入力項目を確認し、ボタンを押すと入力内容の確認画面に移動します。

入力項目に誤りがない事を確認して、進んでください。

ステップ4口座振替契約

次は、即PATを利用するには銀行との間で口座自動振替契約の手続が必要となります。

この画面では、口座振替の規定を表示しますので、内容をご確認して下さい。

即PATを利用における口座振替の口座振替規定というものが表示されるので、内容をきちんと確認し、同意するボタンを押してください。

口座振替契約の手続きのためにログイン画面に移動するので手続きを進めてくたさい。

口座振替の手続きを辞める場合には「キャンセル」ボタンを押してください。

キャンセルボタンを押した場合には口座振替の手続きと即PATの新規登録が中止になります。

ステップ5加入者情報入力

この画面では、即PATへ加入するにあたり、必要な情報を入力していきます。

以下の必要項目を入力してください。

・氏名(漢字)
・氏名(全角カナ)
・性別
・生年月日
・住所(漢字)
・住所(全角カナ)
・電話番号
・暗証番号

人気の暗証番号を決めてください。

暗証番号は即PATを利用する際には必ず必要なものなので、忘れないようにしてください。

全ての項目を入力したら確認ボタンを押してください。

入力内容の確認画面へ移動します。

ステップ6加入者情報確認・申込


上記項目の画面で入力した情報が表示されるので、間違いがないか内容を確認してください。

「お申込み」ボタンをクリックすると即PATをの登録が完了します。

申込み完了画面が表示されれば無事に、即PATの新規登録は完了されました。

即PATを利用するのに必要な

「加入者番号」
「P-ARS番号」
「INET-ID」

が表示されるので、メモを取るなど忘れないようにしてください。

申し込みが完了したら、実際に即PATへログインして投票が可能になります!

即PATで馬券を購入する際の注意点


これで、あなたも即PATを利用して簡単に馬券が買える様になったと思います。

しかし、気軽に馬券の購入を行える即PATですが、注意する点があるので覚えておいてください。

それ、高額な払戻金がになった時には確定申告する必要があります。

税務署では、1回の払戻金には関係なく、今までの累計利益の多かった人をチェックしているので、気をつけてください。

即PATで馬券を購入するのは、手間もかからず簡単に行えますが、購入履歴や払戻金の履歴が残ってしまうので、税務署や国税局に調査されやすいということは覚えておいてください。

まとめ


今回はJRAの即PATのメリット、デメリット、登録方法を紹介させて頂きました。

即PATに一度でも登録すれば、競馬場やWINSへ足を運ばなくても馬券を購入できるようになります。

競馬をやりたいけど、買いに行く時間がないという人は、是非即PATへ加入してみてはいかがでしょうか?