数多くある競馬予想新聞!各競馬新聞の特徴やオススメできる点を徹底紹介!

皆さんは、馬券の予想をする時には何を参考に予想を考えていますか?

やはり、競馬場やWINS、コンビニなどで売られている競馬新聞を購入して予想を考えるという方が一番多いかと思います。

しかし、競馬新聞と言っても日本の競馬新聞は種類が多すぎて、どの競馬新聞が自分に合うのかを判断することがとても難しくなっています。

そこで、この記事では中央競馬の予想を提供している競馬新聞それぞれの特徴や予想のスタンスを徹底的に比較して紹介していきます。

スポーツ新聞の値段や特徴

まずは、スポーツ新聞に掲載されている競馬予想の特徴や値段を紹介していきます。

スポーツ報知


スポーツ報知では、馬柱の中に記載されている過去のレースでの着順を色分けしており、競馬新聞の見方に慣れていない方にも配慮している紙面を展開しています。

関西テレビで競馬実況のアナウンサーをしてきた、杉本清さんの馬券予想が掲載されていたり、様々なトラックマン達が馬券の予想に役立つ情報を盛りだくさんに提供しています。

金額:140円

スポーツニッポン


スポーツニッポンは穴予想をメインとし、高配当の馬券を目指す紙面となっています。

「万哲」こと小田哲也記者や森本オサム記者といった穴予想を徹底しているトラックマンが在籍しています。

一発逆転のような高配当の馬券を狙っている方や穴予想の勉強をしたいと考えている方にオススメの競馬新聞です。

予想の内容以外にも、血統評論家の亀谷敬正さんや海外競馬に詳しい合田直弘さん、武豊騎手、小牧太騎手といった、聞いたことはあるような著名人の方々によるコラムも展開しているので、とても楽しめる内容となっています。

金額:140円

サンケイスポーツ


サンケイスポーツでは、予想に使える情報はもちろんのこと、紙面の読みやすさがどの競馬新聞よりも読みやすいものとなっています。

また、東の本紙予想担当・水戸正晴記者のほか、BS11の中継でおなじみの板津雄志記者や馬券を当てまくる新人トラックマン・山口大輝記者など、魅力的な予想家がそろっています。

とても読みやすい紙面という事もあり、競馬初心者にはオススメできるかもしれません。

金額:140円

デイリースポーツ


デイリースポーツでは、独自の予想指数「スピード指数」を提供しています。

『ウイニング競馬』でおなじみの豊島俊介記者やWIN5予想が得意な小林正明記者など、実力のある予想力を持つトラックマンが勢ぞろいしています。

金額:140円

日刊スポーツ


競馬新聞を買った事がない人でも日刊スポーツが提供している「コンピ指数」を聞いたことがあるかもしれません。

日刊スポーツは多くの競馬ファンが馬券の予想に参考している「コンピ指数」でおなじみの競馬新聞です。

他のスポーツ新聞と比べてしまうと、情報量が少なく見受けられてしましますが、少ない情報でも、質の高い情報を提供しています。

また、元騎手・佐藤哲三さんの予想コラムも読むことができます。

「コンピ指数」はとても有名な指数なので、参考にしたことが無い方は一度は試してみてください!

金額:140円

日本経済新聞


ラジオNIKKEI競馬中継で解説を披露している野元賢一記者と関根慶太郎記者が予想を考えて提供しています。

日本経済新聞は紙面で提供しているだけてはなく、日本経済新聞の競馬サイトもとても充実していて、競馬ファンなら楽しめるコラムが充実しています。

値段:160円

日刊ゲンダイ


調教師や調教助手のような、出走馬陣営のコメントを数多く掲載して、力を入れている夕刊紙です。

以前は片山真さんという方が看板トラックマンでしたが、残念ながら片山真さんは退社してしまいました。

しかし、橘正信記者や外山勲記者が驚くような大穴予想を提供してくれているので注目です。

値段:140円

東京スポーツ


東京スポーツでは、メジャーリーガーの田中将大投手や爆笑問題の田中裕二さんのような、誰もが知っている著名人の予想を見ることができます。

また、『ウイニング競馬』に出演中の虎石晃記者や的確な予想力を持つ舘林勲記者など、個性豊かな予想家が名を連ねている夕刊紙です。

金額:140円

夕刊フジ


競馬界で穴馬予想と言ったら水谷圭助記者です。

そんな穴馬予想が得意として知られている水谷圭助記者や堅実な予想が得意な「大王」こと森田実記者といった、人気トラックマンが在籍している夕刊紙です。

穴馬専門のような、紙面ではなく様々な予想のスタイルを持つ予想家が勢揃いしているので、自分にあった予想スタイルを見つけやすいのでオススメです。

値段:140円

競馬専門紙の値段や特徴


やはり、スポーツ新聞と比べても値段が上がってしまいますが、掲載されている情報量や情報の質はとても高いものだと感じられます。

こちらでは競馬専門紙の値段や特徴について説明していきます。

競馬エイト


競馬エイトでは「みんなのKEIBA」で有名な松本ヒロシ記者を筆頭に、回収率を重視した予想を提供するトラックマンが数多く在籍している競馬新聞です。

的中率ばかりを上げるのではなく、回収率が上げる事に重点を置いています。

的中してもトリガミになってしまっては意味がありませんよね。

当てる喜びよりも、儲けを出していきたいと思う方にはオススメの競馬新聞です。

値段:500円

競馬ブック


競馬ブックと言えば、数ある競馬新聞の中でも圧倒的な情報量を誇る競馬新聞です。

予想のスタンスとしては、堅い予想を提供する事が多くなっているので、穴狙いの方にはちょっと物足りない新聞かもしれません。

しかし、予想の基本を学ぶ事はできる競馬新聞なので予想力を身に着けていきたい方には是非おすすめなので呼んでみてください。

値段:500円

日刊競馬


競馬界の大御所柏木集保さんが編集長を務めている競馬新聞です。

日刊競馬では堅実な予想を提供する飯田正美記者のような方もいれば、穴狙いを徹底している宮崎秀一記者のようなタイプもいます。

個性的なトラックマンが多数在籍しており、様々な予想のスタンスと体験することができます。

値段:470円

研究ニュース


本命予想を提供する星野英治さんや、上位人気馬に逆らうことに徹底していた池田勇孝さんなどの有名なトラックマンが在籍している競馬新聞です。

情報量も他の競馬新聞と比べても豊富です。

また、何といってもレースの展望がとても分かりやすく説明されていて、とても読みやすく多くの競馬ファンから支持を得ているオススメの競馬新聞の一つです。

値段:470円

優馬


2010年までは「1馬」という名称だった競馬新聞です。

優馬では、絶妙な穴馬を狙い定めるトラックマンが在籍しているのが特徴といえます。

紙面構成自体も比較的見やす作られているので、穴馬狙いをするような方にはオススメの競馬新聞です。

値段:500円

勝馬


◎や○などの印で厩舎情報の良し悪しを判断する、という他の競馬新聞には存在していない要素を紙面に組み込んでいます。

2着以内に入る可能性を示している「単指数」というオリジナル指数を展開しているところも大きな特徴です。

厩舎情報の良し悪しを判断したりと、違う角度から予想を考えてみたい方にはおすすめです。

値段:470円

競友


本紙予想を担当している渡辺芳徳記者をはじめ、山下優記者、前田智基記者といった腕利きの予想家が勢ぞろいしている競馬新聞です。

調教時計や厩舎コメントなど、レースに役立つ情報もたくさん掲載されています。

値段:500円

馬サブロー


紙面には馬券の予想に参考になる情報が盛りだくさんです。

また、紙面だけではなく専用のスマホアプリを提供するなど、様々な角度からアプローチをかけている競馬新聞です。

競馬好きで知られている歌舞伎役者・市川海老蔵さんも有馬記念などの重賞レースで馬券予想を展開しています。

あまり売られているのを目にしたことがないので、見かけたら購入してみたい競馬新聞の一つです。

値段:500円

競馬ニホン


ラジオNIKKEI第2のパドック解説でおなじみの辻俊典記者や厩舎への徹底した取材で得た情報を予想印に反映している豊沢信夫記者など、確かな予想力を持つトラックマンがそろっている競馬新聞です。

本命党のトラックマンが多く、穴馬狙いの方には物足りないかもしれませんが、一発逆転を狙う馬券を組み立てて、高額馬券を狙う門田光夫記者も在籍しているので、穴馬党の方にも十分におすすめできる競馬予想新聞です。

値段:450円

まとめ


この記事では、スポーツ新聞と競馬専門誌の値段や特徴、オススメできる点を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

スポーツ新聞は1部140円程度と安く購入できる事も利点ですが、トラックマン達による馬券の予想が見られるだけではなく、有名な芸能人や競馬評論家といった著名人達のコラムを読む事ができるのはおすすめです。

また、競馬専門紙は500円前後とスポーツ新聞と比べ、やや高めになっていますが、豊富な情報量や実力のあるトラックマンによる充実した情報が提供されています。

本格的な予想を考えていきたい方は競馬専門紙をおすすめします。

競馬初心者のような方は、いきなり競馬専門紙に手を出すのではなく、金額の安いスポーツ新聞から読み始めて、まずは競馬新聞の読み方に慣れることをおすすめします。

読み方に慣れてくる頃にはスポーツ新聞の情報だけでは物足りないと思い、競馬専門紙にシフトしていくでしょう。

最後に、私としては一番おすすめしたいのが「競馬ブック」となっています。

様々な競馬新聞があるので、是非自分にあった競馬新聞を見つけていってください。