競馬予想では距離を理解する事が馬券的中の近道!馬の得意な距離が存在する!

みなさんは競馬予想をする時に距離に着目しますか?

「あの馬には距離が短い」

「この馬には距離が長い」

競馬予想をする際に、こんな言葉を聞いた事は誰にでも有ると思います。

競馬予想において距離の適性がいかに重要かは今更論じる必要がないほど予想家に浸透しています。

ですが、いざ根拠をきちんと説明するとなると、ちゃんとした説明が出来ない方もいると思います。

今回は競馬予想の距離について紹介します。

競馬の距離って予想に重要なの?


競走馬にとってレースの距離は大変重要です。

競走馬によって短距離が得意なのがいれば、中長距離が得意な競走馬もいます。

その馬の特性を調べておくことは、勝ち馬券をつかむためにも重要なポイントです。

過去のレース成績などを見て、事前に検討しておかなければなりません。

競走馬も人距離による得意・不得意が有ります。

競馬では大体1600m以下が短距離2400m以上が長距離に分類されその中間は中距離という呼ばれ方をしています。

この内対象となる馬が得意とする距離を「適性」と呼びますね。

今回はその適正も含め、距離について詳しく説明したいと思います。

馬の適性距離を理解しよう

競馬予想では、競走馬の距離適性が重要です。

馬の距離適性の考え方は人間と同じです。

人も陸上競技などでは100m走などの短距離を得意にしている人もいれば、中距離や長距離の方が得意な人もいます。

たとえば、AさんとBさんが競走した場合、100m走ではAさんが勝つけど、400m走だとBさんが勝つ場合があります。

馬も同様に距離によって得意、不得意があります。

中央競馬の場合は主に次の距離ごとにレースのカテゴリーが分類されています。

・スプリント
1,000m~1,400m

・マイル
1,500m~1,600m

・中距離
1,800m~2,200m

・クラシック
2,400m

・ステイヤー
2,600m以上

中央競馬では最長距離はステイヤーズカップなどの3,600m(障害競走を除く)ほどで、新潟競馬場ではコーナーがない直線1,000mコースの用意があります。

短距離適性の馬の身体をみよう!


こちらはアレスバローズです。

胸前やトモには目に見えて分かる筋肉が付いており、胴も詰まった体型で正方形のシルエットです。

典型的な短距離向きの体型になっています。

基本的にピッチ走法の馬が多く、胴・脚が短いことが有利に働きます。

そのため、正姿勢で立たせるとシルエットが正方形に近くなるのが特徴です。

スタートダッシュが重要なため、クビが太く短く、胸前~肩周りの筋肉が盛り上がって発達していると良いでしょう。

ゲートが開いてから瞬間的な馬力が必要になるため、活躍馬は骨格も筋肉もがっしりとした逞しい体型をしていることが多いです。

目に見えて筋肉量の豊富(速筋量が多い)な馬は、基本的に短い距離が合っていると言えます。

長距離適性の馬の身体をみよう!

こちらはシュヴァルグランです。

四肢も長く、腹側のラインと比較して平行に見えるほど、背中が長く見える体型ですね。

前後に伸びた長方形のシルエットで、ストライドも大きく長距離向きの馬体構造と言えます。

基本的には大跳びの馬が有利でしょう。

そのため長距離を得意とする馬は胴・脚が長く、正姿勢では長方形に近いシルエットになります。

短距離とは違い瞬間的な馬力を必要としないため、クビは細く長く、一完歩が大きい馬の方が有利に働きます。

水準以上の筋肉量は必須だが、多すぎると体が重たくなってしまいスタミナの浪費に繋がるため、マラソンランナーのようにムダ肉が少なく、スッキリとしてシャープな体型の馬が多いのが特徴です。

遅筋(目に見えない筋肉)が多い馬は、一見するとパワー不足に見られることも多いので注意が必要ですね。

距離適正とコース適性の違い

芝のマイル戦を例にすると、中山競馬場はスタート直後から下り坂が続き、ゴール前に急坂が待ち構えています。

また、東京競馬場はコースが広く出走馬の能力が比較的そのまま反映されやすい、京都競馬場は外回りコースの下り坂でいかに脚をためるかがカギです。

阪神競馬場はスローで流れ、瞬発力勝負になりやすいなど、同じマイルでも、求められる適正が全く異なるわけです。

まあ、そうはいっても本当にマイル適性の高い馬はどんなコースにでも適応できてしまうこともあり、すべての出走馬に対して、当てはまる傾向ではないわけです。

しかし、ほとんどの馬の場合には、平坦コースは得意だけど、坂のあるコースは苦手とか、重い馬場は得意だけど、時計決着は苦手とか、いろいろと特徴があるわけです。

距離適正を見極める方法


競馬予想は、この馬は一概に距離○○mなどと決め付ける事はできません。

競走馬は距離で得意・不得意が出る要因には、スピードやスタミナ、折り合いや得意先方など様々な要素が関係してきます。

たとえば、スタミナに問題があって長い距離が苦手な馬でも、斤量が軽ければ多少距離が長くても走りきれる場合があります。

ほかにも馬場状態や折り合いの問題で、前回この距離で結果が出なかったから一概に距離適性がないと決め付ける事はできません。

競馬予想のプロの専門家になると、馬の筋肉の付き方や、調教の走り方を見るだけで、おおよその馬のタイプや適正距離を見極める事ができます。

競馬は非常に奥が深く、細かい知識がたくさんあります。

そのため、競馬新聞や情報サイトなど、専門家の見解は予想で大きく役立つ貴重な情報源になります。

距離適性だけでは予想は当たらない

また、距離適正においてはこんなこともあります。

最近の競馬(特に中距離)においてはスローペースの瞬発力勝負になることが多いので、本当の意味での距離適正はあまり求められなくなっているのです。

たとえば、本来マイラーの馬でも、1800mや2000mでもペースによってはこなせてしまうということです。

スローペースになれば、本来自分にとっては長い距離でも、本来その距離に求められるペースよりもゆっくりと走れるわけなので、自分の得意距離と同様に脚をためることが可能になります。

そして、切れ味勝負になれば当然分があるわけです。

まあ、馬の気性によってはスローペースになり過ぎると折り合いを欠いて、引っ掛かってしまうタイプもいるので、このあたりは一長一短なのですが、こうした知識があるとないとでは、競馬予想の幅や考え方に当然差が生まれます。

そういう意味合いからすれば、距離適正というのは、よどみのない流れになるスプリント戦やごまかしのきかない超長距離戦において最も有効な情報だといえるでしょう。

馬の適性距離は成長とともに変わる事も

2歳馬の最強決定戦のG1の2つのレースは1,600mで行われます。

クラシックレースの最大のビッグレース日本ダービーとオークスは2,400mで3歳馬は菊花賞まで3,000m超えのレースはありません。

馬の適性距離は成長とともに変化していき、馬によっては成熟してから、ちょっとしたキッカケで得意距離が変わる事もあります。

過去の戦歴で適性距離を見極める事は重要ですが、決してそれが全てではありません。

根幹距離と非根幹距離の違いとは?

競馬好きの方では、聞いたことがあるフレーズだと思いますが、根幹距離と非根幹距離というのを聞いた事はありますか?

競馬のレース距離で、目安となるのが400mという数字です。

400mで割ることができる1200m、1600m、2000m、2400mの距離で世界的に大レースが
実施されていて、日本でも多くのレースがこの4つの距離で行われています。

上記の4つの距離を中心に400mで割ることができる距離を「根幹距離」といいます。

それ以外の距離のことを「非根幹距離」と読んでいます。

根幹距離で代表するレースは、下記のレースです。

スプリント(1200m)では、高松宮記念やスプリンターズSです。

マイル(1600m)では、安田記念、マイルCS、フェブラリーS、桜花賞などがあります。

中距離(2000m)では、ホープフルS、皐月賞、秋華賞、、天皇賞、大阪杯があります。

クラシック(2400m)オークス、日本ダービー、ジャパンカップがあります。

一方、非根幹距離に代表するレースはこちらです。

菊花賞の3000m、宝塚記念の2200m、有馬記念の2500m、エリザベス女王杯の2200m、チャンピオンズカップの1800mになります。

非根幹距離は呼吸が合わない?

牡馬なら2400mの日本ダービー、牝馬なら1600mの桜花賞を目標にする馬が多いように、400m刻みの根幹距離で結果を出すことが目的となります。

400m刻みをベースにトレーニングするのでそこから外れた距離でのレースの場合、馬がリズムを取りにくい可能性が有ります。

リズムに乗れず、騎手との呼吸が合わずに、伸びきれなかったり、仕掛のタイミングがズレたりして、人気馬が凡走。

こういったケースが荒れる要素の1つとなります。

非根幹距離は中途半端が気持ち悪い!

10フレームまでのボウリングで1フレーム少ない勝負をしたり、18ホール周るゴルフで1ホール多かったら、変な感じがしますよね?

根幹距離ばかり走っている馬からすると非根幹距離を走ると、そのような感じになると考えられています。

そのため、上でも書きましたがリズムに乗り切れずに、最後の最後でへばったりるすケースも出てきます。

スタミナ面での大まかな距離適性と共に400m刻みで対応できる根幹距離向きなのか200m刻みの非根幹距離でも対応できるのかを分析すると、馬券に役立つでしょう。

マンハッタンカフェ産駒の他では、これから産駒が少なくなっていきますが、ステイゴールド産駒も非根幹距離に強い血統のようです。

非根幹距離の最高峰と言える2500mの有馬記念で4勝、2200mの宝塚記念で5勝と無類の強さを発揮しています。

根幹距離と非根幹距離の特性ポイント3つ

根幹距離と非根幹距離の特性ポイントを箇条書きにして説明すると下記の3つポイントはありますので、その内容を整理して紹介します。

①非根幹距離とは400mで割り切れない距離のこと!

②主要レースが400m刻みなので非根幹距離に不慣れな馬も多い!

③マンハッタンカッフェ、ステイゴールド産駒が非根幹距離が得意!

この辺りが非根幹距離のポイントとなってきますね。

競馬予想に使える距離のポイントのまとめ

今回は、競馬予想でに距離の重要性について記事をまとめました。

皆さん、重要性は解って貰えましたでしょうか。

競走馬も動物ですから、体型も異なりますし、性格や適性も違います。

人間も同じようにマラソンが好きな人もいれば、100メートルしかダメという人もいるでしょう。

それを競走馬はしゃべる事が出来ないので、競馬を買うユーザーが推察する必要はあります。

分類は表示されますが、それが果たして適性距離なのかわかりません。

その為に過去のレース距離などを確認する必要がありますね。

次の競馬を行うときは、距離に意識を向けて予想してみて下さい。