JRAの職員が馬券を買ったら大金持ち!?知らざる細かい競馬のルールを説明します!

今回はJRAの職員さんと馬券の関係性について記事を書きたいと思います。

競馬の馬券はどんな人でも買えるの?という疑問が皆さんありますよね。

お金が掛かるギャンブルなので、毎日競馬を仕事でみるJRAの職員の方や騎手の方、もしくは調教師などが購入したら、みんなより情報が多く知っているので、億万長者になれるますので、非常に有利だと思います。

そんな、競馬の内部の記事を書いていこうと思います。

競馬には「競馬法」という法律があった!

競馬ファンの方は中央競馬や、地方競馬で楽しんでいる人が多いと思います。

しかし、あまり気にせず競馬を楽しんでいますが、その競馬にも競馬法という厳密な法律があるの知っていますか?

競馬法には様々なルールが細かく記載してあり、罰則だってあるんです。

具体的には、JRAの関係者の購入について、競馬法の29条に禁止されていました。

以下に競馬法の29条の内容を抜粋して説明します。

【競馬法29条】

第二十九条 次の各号に掲げる者は、当該各号に定める競馬の競走について、勝馬投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。

1、 競馬に関係する政府職員 中央競馬の競走及び地方競馬の競走並びに日本中央競馬会、都道府県又は指定市町村が勝馬投票券を発売する海外競馬の競走

2,日本中央競馬会の役員及び職員 中央競馬の競走及び日本中央競馬会が勝馬投票券を発売する海外競馬の競走

3,日本中央競馬会が第二十一条の規定により委託を受けて競馬の実施に関する事務を行う場合におけるその役員及び職員であつて当該委託を受けた事務に関係するもの 当該委託に係る競馬の競走

4,都道府県、指定市町村又は地方自治法 (昭和二十二年法律第六十七号)第二百八十四条第一項の一 部事務組合若しくは広域連合(以下この号において「都道府県等」という。)の職員であつて当該都道府県等が行う競馬に関係するもの 全ての地方競馬の競走及び当該都道府県等が勝馬投票券を発売する海外競馬の競走

5,都道府県、市町村又は地方自治法第二百八十四条第一項の一 部事務組合若しくは広域連合が第四条 又は第二十一条 の規定により委託を受けて競馬の実施に関する事務を行う場合におけるこれらの職員であつて当該委託を受けた事務に関係するもの 当該委託に係る競馬の競走

6,協会の役員及び職員 全ての地方競馬の競走及び都道府県又は指定市町村が勝馬投票券を発売する海外競馬の競走

7, 中央競馬の競走に関係する調教師(競走馬の飼養を行う者を含む。以下同じ。)、騎手及び競走馬の飼養又は調教を補助する者 中央競馬の競走

8,地方競馬の競走に関係する調教師、騎手及び競走馬の飼養又は調教を補助する者 全ての地方競馬の競走

9, 日本中央競馬会、都道府県又は指定市町村が勝馬投票券を発売する海外競馬の競走に関係する調教師、騎手及び競走馬の飼養又は調教を補助する者 当該海外競馬の競走

その他競馬の事務に従事する者 当該競馬の競走

このように、しっかりした内容で凄い難しい内容になっていますね。

実際にJRAの職員ってどんな人の事を指すの?と疑問になりますよね。

競馬場で働く、売店のおばさんも?トイレの清掃員も?

競馬場にいる人は、JRAの関係者になっているのでしょうか。

JRAの職員を簡単に説明しましょう。

意外と知らない、JRA職員の種類について

JRA職員は、2つの仕事を持っています。

ウィークデーには、所属する部署で競馬開催に向けての「平常業務」にあたります。

そして、土・日の競馬開催日には、所属部署とは別の執務体制のもと、競馬場やウインズで「開催業務」に携わります。

その中でも種類がありますので、細かく紹介します。

①総合職:事務職
中央競馬開催に欠かせない競走部・審判部や、お客様へ情報サービスを提供する広報部、馬事文化の発展に努める馬事部、国際交流を進める競馬国際化対応会議などの仕事があります。

その他、組織運営を支える総合企画部や経理部・総務部・人事部といった他企業でも見られる部門があります。

②総合職:技術職
技術職には建築、設備、馬場土木の3分野があり、全国各地の競馬場、ウインズ、トレーニング・センターなどの設維持管理、工事の設計監理等を行ないます。

大学の技術系学科を卒業している必要があります。

③総合職:獣医職
臨床獣医職と研究職があります。

臨床獣医職は競走馬の病気・外傷を治療する診療業務や予防注射・入厩検疫を行う防疫業務を担当。研究職は、競走馬全般に関する調査・研究に携わります。

いずれも大学の獣医学科を卒業している必要があります。

④エリア限定職
勤務地域が限定された事務職。業務内容は、定型的・補助的なものが中心となりますが、それぞれの部署における専門知識・スキルの習得が求められます。

⑤その他

■ 装蹄師
馬の蹄に蹄鉄を打つ職人で、伸びた蹄を削る「削蹄」も行います。

また蹄の状態をチェックすることで病気を発見したり、調子を見ることもできる、蹄のエキスパートです。

各々の馬の走り方や蹄の特徴から様々な試行錯誤が行なわれ、競走馬たちの走りを支えます。

蹄の削り方ひとつで歩様の調整や脚の曲がりを矯正することもできますが、逆に削蹄が悪いと脚元に負担がかかり、故障の原因になることもあるため、高度な技術と経験を要する仕事です。

装蹄師認定講習会を受講して認定試験に合格後、実際に開業している装蹄師に弟子入りして経験を積むのが一般的です。

馬が暴れて危険な目に遭うこともしょっちゅうですし、中腰作業が多く、体力・根気の要る仕事です。

しかし、競走馬の脚は騎乗する騎手の命にも関わる重要な部分ですから、馬が無事に力の限りを尽くせる走りができたときの達成感は、何物にも代え難い喜びとなります。

■ トラックマン
競馬専門紙の記者のことです。

部外者立ち入り禁止のトレセンに出入りすることができ、現場で馬の調教を取材します。

関係者のなまの声を聞いたり、調教タイムなどを測定して、紙面に予想の印を打ちます。

調教取材をする競馬専門紙の記者のことです。トラックマンは通常2班に分かて情報収集します。

■ 時計班(ウォッチマン)
競馬場やトレセンで行なわれる調教のタイムを計り、走りの印象などをチェックします。

■ 想定班
競走馬の関係者に取材を行います。

日頃から顔を売っておくことが重要で、調教が終わった後の厩舎回りは欠かせません。

レース後のコメントを取るのも仕事です。

そうして得た情報や、そこから組み立てた予想を紙面に掲載します。

トラックマンは必ずしも所属する専門紙の正社員とは限らず、競馬評論家や騎手エージェントを兼任する場合もあります。

■ 競馬記者
日刊・夕刊・スポーツ紙の競馬担当記者のことですが、トラックマンと混同されることも少なくありません。

現場班が集めた情報をデスクがまとめて予想する、という流れで紙面を作ります。

特別・重賞レースの記事がほとんどですから、専門紙のトラックマンとは取材の規模が異なります。

内容としては主に、美浦や栗東の両トレーニングセンターで、取材をしている競馬予想専門紙の記者のことを差します。

その仕事の内容としては、早朝より、調教スタンドから追い切りを見て調教タイムを計測したり、その調教内容を伝える「取材班」と、関係者のコメントを得るために厩舎を駆け回り、その週の出走予定馬の調子を取材したりする「想定班」の2つに分けて行うそうです。

早朝勤務で、且つ競馬開催に伴う出張が多く、多忙な毎日を送っています。

■ 開催執務委員
競馬を開催するため必要な委員で、委員長、副委員長、裁決委員、走路監視委員、決勝審判委員、ハンデキャップ作成委員、検量委員、発走委員、馬場取締委員、獣医委員、整理委員、総務委員、情報管理委員、広報委員、施設委員、勝馬投票委員、来場促進委員と凄く多くの委員が設置されていますね。

各委員の設置は、政令で定められており、出馬表(レーシング・プログラム)表示されています。

■ 決勝審判
到達順位の判定、到達差及び決勝線に到達した馬の競走に要した時間を決定する執務員のことです。

■ 裁決委員
着順の確定、走行妨害の申立ての裁決、出走馬または騎手に対する保安措置と制裁及び競馬の公正を害すべき行為の取締りに関する事務を行なう執務委員の方です。

■ 競馬サークル
馬主、生産者、厩舎関係者(調教師、調教助手、騎手、厩務員、装蹄師、獣医ら)、中央競馬会およびその外郭団体の職員をひとまとめにして「競馬サークル」と呼びます。

最近では、これに競馬ジャーナリズム(競馬評論家、競馬記者、トラックマンら)も加えて、もっと広い意味で「競馬サークル」と呼ぶことが一般的になっています。

これだけ多くの方がJRAの関係者になっています。

公営ギャンブルの中でも歴史が長い事で、厳密な精査を行う人がこんなに居るとは知りませんでしたね。

ですので、競馬場で働く方の全員が、買えない訳では無いですね。

売店などの方は、アルバイトでしょう。

なので、基本的に上記のJRA職員は、馬券を購入する事はできません。

ちなみに地方競馬の職員は地方競馬を買えません。

ただJRA職員は地方競馬を、地方競馬職員は中央競馬を買うことは出来ます。

騎手、調教師も同様です。

そもそも、競馬法っていつ出来た?

競馬に関する具体的な法律が作られたのは1923年です。

一時的に禁止されていた馬券発売の解禁とともに定められました。

この頃は、まだ様々な団体で競馬開催が可能でした。

そして、1948年に新競馬法が制定されました。

現在まで続く競馬開催のルールは、主にこのときに定められたものです。

その後、1954年の大きな改正を挟みながら、細かな変更を繰り返して、現在に至ります。

JRA職員の不正防止策で法律を改正

日本中央競馬会(JRA)は2018年1月1日から騎乗依頼仲介者(以後、エージェント)による勝馬投票券(いわゆる馬券)の購入、または譲り受けを禁止する事になりました。

エージェントは騎手の代わりにレースで乗る馬の依頼を受ける人で、競馬新聞のトラックマン(予想・取材記者)による兼業している人が多く居ます。

競馬ファンの間では事実上、騎乗馬を決定している人がレースの予想をして馬券を買うことに批判は多かったので、禁止に踏み切った事情をJRAに聞いた結果になります。

■通達による禁止という手法の効果

競馬法は馬券を購入してはいけない人を規定しています。

対象はJRAの職員、調教師や騎手等になっていました。

主催者や、レースの結果に重大な影響を及ぼす人を馬券購入者から排除し、競走の公正を確保するのが目的で違反者は100万円以下の罰金に処せられます。

しかし、競馬法の29条各号にエージェントは含まれない事になっていました。

そうなると競馬ファンの中には「エージェントが、契約した騎手の有力馬について予想で低い評価にしたり、悪い情報を流したりして人気を落としてオッズを高くし、その馬の馬券を買って儲けているのではないか」と考える人も出てきますよね。

実際、JRAは「お客様から騎乗依頼仲介者に関して様々なご意見があることは認識しております」と言っています。

こうした状況から「制度の透明性をより高める」(JRA)目的で、今回のエージェントの馬券購入を禁止する措置を決定しました。

なお、馬券購入禁止以外にも改正点は2点あります。

(1)馬券購入禁止

(2)業務範囲の変更

(3)欠格事項の追加

今回の措置は競馬法の改正ではなく、平成29年日本中央競馬会理事長通達第18号「騎乗依頼仲介者に関する事項を定める通達」によるもので競馬法の罰則規定は適用されないという事になりました。

通達とは自己あるいは下級機関を拘束する内部規範である行政規則の一種です。

法令と違って一般国民に対する効力はありません。

そのため(1)の馬券購入禁止は、違反しても罰則がない事になります。

ただし、JRAは違反した場合に「騎乗依頼仲介者の承認取消だけでなく、本会業務区域内への立ち入り禁止の措置を講じる」としていることから、実効性は問題ないとしています。

もっとも、競馬法では馬券を買うことは禁じられていないのに、通達で制限することは法的に問題がないわけではないでよね。

たとえばエージェントが「自己が馬券を買うことができる地位にあることを確認する訴え」を提起した場合、勝敗はともかく判断は司法の場に委ねられることになるだろう。

(2)は、これまでの「騎乗依頼の受付」から「騎手は騎乗依頼の承諾に係る代理行為を行わせることができる」に変更されました。

分かりやすく簡単に言えば、騎乗依頼を受けたエージェントが「その馬、乗ります」と自分の意思で決められるということです。

権限が強化されたことになるが、実際は現状を追認したにすぎないでしょう。

法的に考えれば、これまでの騎乗依頼を受け付けて本人に伝達するだけの「使者」から、承諾に関して代理権を有する「任意代理」となります。

今後は民法の代理の規定程度は頭に入れる必要に迫られそうですね。

(3)の欠格事項の追加は馬主や、馬主に雇用されている者はなれないとする規定です。

有力馬を多く抱える馬主による人気騎手の囲い込みを禁じる趣旨と言っていいでしょう。

以上のように、JRAは権限を認めつつ規制を強めるアメとムチを使い「来年以降もより良い制度を構築すべく検討を続けてまいりたい」と、さらに制度を変更する可能性に言及する事になりますね。

過去の不正疑いのニュース

北海道新聞で下記内容のニュースが報道されました。

これはJRAでは無く、地方競馬になりますが類似していますので、紹介します。

内容は、ばんえい騎手、馬券購?競馬法違反、厩務員数人も疑いだが、本人らは否定しているという事でした。

帯広市が主催するばんえい競馬で、男性騎手1人と厩務(きゅうむ)員7、8人が競馬法に違反し、同競馬の馬券を数年間にわたり購入していた疑いのあることが10日、同競馬関係者への取材で分かりました。

市の調査に対し、騎手らはいずれも購入の事実を否定しているが、インターネットを通じて本人名義で購入した記録が残っていたと言います。

市は11日にも記者会見を行い、調査結果を公表する見通しする事になりました。

競馬法は不正防止の観点から、地方競馬の調教師や騎手、厩務員らが他都市の開催であっても地方競馬の馬券を買うことを禁じています。

地方競馬全国協会(NAR、東京)によると、騎手が直接馬券を購入していたケースは過去に例がなく、今回のことが事実であれば地方競馬史上初めてになります。

1987年には広島県の福山市営競馬(2013年廃止)の騎手が知人を通じて馬券を購入し、競馬法違反で逮捕された例がありました。

やはり、競馬というのはギャンブルなので、お金が動きますね。

そのギャンブルに内部の人間が違反行為をするのは、どうしても欲に負けて出てしまうものなのでしょう。

競馬ファンからしたら、許されない行為でしょう。

JRAの職員は凄い経歴!

JRAは新卒でも、20名も採用しない位の超難関の就職先として有名です。

基本的に高学歴の方しか採用をされなく、入社試験も非常に難しいと言われています。

JRAの売上高2兆7千億円の巨大企業です。

この売上高は、上場企業4000社の中でも50番目くらいに大きい規模であり、有名どころで言いますと、SONY、味の素、JTよりも大きいのです。

競馬関係のお仕事というと、第一にJRAの仕事を思い浮かばれることでしょう。

就職先としては、スーパーホワイト企業であり勝ち組ですが、土日がないのは競馬関係の仕事の宿命ですね。

大卒が条件になりますので、いま高校生でもしJRAに興味があるという方は、まずは死ぬほど勉強して、少しでもいい大学に行きましょう。

そして体育会系や馬術部に入ることをお勧めします。

こんな入社が厳しい関門をクリアした社員だからこそ、競馬法を破り不正をしない信用があるのだと思います。

厳しい環境にいてルールを絶対に守れる人だけが、JRAの職員になれるのでしょう。

まとめ


今回は、JAR職員の馬券購入について記事をまとめました。

私も、実際に知らない事ばかりでしたので、正直驚く部分もあります。

結果を全てまとめると、JRAの職員、騎手、調教師、厩務員は競馬法により馬券を購入する事は出来ません。

しかし、それはJRAの主催する競走のみで地方で開催されてる地方競馬の馬券は買えます。ちなみに競馬場の中で働いてるJRAの正規職員以外の人、売店などの人は購入できます。

しかし、勤務中は絶対にダメです。

さすが日本を代表する公営ギャンブルですね。

調べると何もかも厳しくて、しっかりした法律の基に運営が行われているのだと思いました。