JRAの馬券はインターネットで買うのが良い!近年主流のIPATの魅力に迫る!

みなさん馬券ってどうやって購入しますか?

昔は、競馬場やウインズまで行って購入しましたよね?

でも現代ではスマートフォンやパソコンのITサービスを使って投票する事ができます。

近年ではそれらの売上よりネット投票の方が多くなりました。

ネット投票の歴史は古く、色々なシステムが登場する度に名称が変わりました。

今回はJRAのIPATについて細かくご説明します。

JRAのIPATってなに?

いきなり、IPATと言われても何だそれ?と思う方もいると思います。

これは投票システムの名前で、I-PATはインターネット投票の総称を指します。

IはインターネットのIを略したことになります。

若い人にはイマイチピンと来ないかもしれませんが、インターネットが無い時代からネット投票というのは存在しました。

「PAT方式」という名前で専用の端末を使います。

30年以上前のゲーム機(ファミコン)を使ったPATもありました。

ただインターネットが普及して、「こんなゴッツい端末なんて誰も使わないだろ」という話となり、現在では終了しています(それでも2015年7月まで使えました)。

一方、「A-PAT」、「即PAT」、「JRAダイレクト」というのはお金の決済方式です。

決済する方式により「A-PAT会員」、「即PAT会員」、「JRAダイレクト会員」と分けて呼ばれます。

つまり「I-PAT」「A-PAT」の違いは「投票システムの名前」と「決済方法の名前」の違いなので、別々の投票概念ではありません。

A-PAT会員がI-PATシステムを使って投票するわけです。

分かりにくいですよね。

IPATの特徴はどんなの?

IPATの主な特徴とは、インターネットを利用して、ブラウザ上で馬券を購入したり、オッズや馬体重、レース結果等の情報を取得したりするJRAのサービスです。

通常勝ち馬投票権を購入するには競馬場であったり場外馬券売り場に行く必要があります。

競馬場や場外馬券売り場などに行く必要なく自宅から電話投票することもできますが、当然ながら電話代がかかりますがきちんと投票できているかどうかが不安になることもあります。

そこでIPATのサービスを使うことによりインターネットを通じて、画面を見ながら安心して馬券が購入できるようになったのです。

IPATを利用する事で、競馬場に行かなくても馬券を購入出来る所が良い所です。

馬券を購入したいけど、どうしても競馬場に行けない時に利用したり、人ごみが苦手な人に向いています。

また、IPATはマークシートを記入しなくても良く、最新のオッズを確認しながら投票を行う事が出来るので、非常に便利です。

当たると非常に高額な配当を手に入れる事が出来るWIN5の馬券を購入したい場合は、IPATを利用しないと買う事が出来ません。

IPATの種類は三種類ある!


IPATのサービスにはA-PATと即PATとJRAダイレクトの3つがあります。

その中でも個人的におすすめするのは即PATですね。

即PATなら銀行口座や名前などの登録情報を記入すると「その日」から利用できます。

A-PATの場合は利用開始までに約2カ月間かかります。

また、A-PATは競馬開催日の前日までに入金をしなければ馬券を買えませんが即PATの場合、競馬開催日でも入金や出金ができます。

それでは、細かく紹介しましょう。

即PATについて


即PATは銀行口座や名前などの登録情報を入力すると即日から利用することができます。

「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」「住信SBIネット銀行」「ゆうちょ銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」のいずれかの口座をお持ちであれば即日登録が可能なJRAインターネット投票サービスです。

「即PATのお申し込みはこちら」から登録が完了すれば、パソコン・スマートフォン・携帯電話から勝馬投票券をご購入いただけます。

A-PAT会員は口座封鎖による不便さと開設手続きの煩わしさがありました。

そこでJRAはインターネットバンキング用の決済方式を2005年に始めます。

これを即-PATと呼びます。

即PATはインターネットで申し込む事が可能です。

A-PATのように書類を何枚も作成する必要はありません。

また残高が尽きても途中入金が可能です(1日に3回目以降は15円の手数料がかかります)

出金もA-PATよりも早いです。

JRAダイレクトについて

JRA指定のクレジットカードを持っていればパソコンから登録して馬券を購入できるインターネット投票です。

携帯電話からは投票はできず、スマートフォンの利用の場合は操作性は悪いものの利用者登録、投票共にできます。

しかしJRAのサポートと対象外になりますのでご注意ください。

JRAダイレクトに登録するためにはJCBカード、三井住友カード、UCカード、MUFGカード、DCカード、NICOSカードおよび楽天カードが必要です。

また、各カード会社のインターネットサービスに登録可能なクレジットカードが必要となります。

上記のカードの中でも「家族カード」や「法人カード」、「一部の提携カード」等利用できないクレジットカードがありますのでご注意ください。

A-PATについて

A-PATはパソコンやスマートホン、携帯電話以外にプッシュ本電話(プッシュホンとはプッシュ信号の出る電話機です)から購入できます。

自宅の電話や公衆電話、携帯電話から利用できます。

ただしA-PATではオッズや馬体重などの情報は取得できません。

A-PATに登録するにはA-PAT専用口座が必要です。

申し込みする際にはJRAの加入ページに(1)お名前 (2)性別 (3)生年月日 (4)ご住所(郵便番号)(5)自宅電話番号 (6)ご希望の銀行名を記入します。

その後は、JRAから「加入手続きの案内」が送付されます。

案内にはA-PAT専用の口座を解説するために必要な「口座開設書類」も同封されています。

「加入手続き用紙」に記入し印鑑を押した後JRA所定の本人確認書類と共にJRA宛てに返送します。

利用開始日の直前に「利用開始の案内」が送付されます。

A-PATの会員申し込みページを書きに添付しますのでご参考にしてください。

オススメの即PTAを使うまで手順公開!

IPATの種類は3つほど紹介しましたが、その中でも私のオススメでもある即PATを詳しく紹介します。

個人的には、これが一番効率よく使いやすいと思います。

理由としては、やはり忙しい方にお勧めできる部分です。

即PATは投票も簡単ですし、引き出しも簡単なので非常に重宝しています。

内容は簡単で、難しいものではありません。

それでは細かく見ていきましょう。

即PTAの登録方法は簡単

この登録が、ややこしいからやらないと考える人も多くはないと思います。

しかし、そんなに難しいものではありません。

簡単に説明していきます。

上記でも簡単に説明しましたが、即パットに登録するためにはJRA指定の銀行口座を持っている必要があります。

JRA指定の銀行口座は「住信SBIネット銀行」・「ジャパンネット銀行」・「楽天銀行」・「三井住友銀行(SMBCダイレクト)」「三菱東京UFJ銀行」となります。

銀行口座を解説しますとJRAホームページ「即PAT電話投票加入申し込み」ページから申し込み手続きを行います。

口座確認→口座振替契約→加入者登録の順で行っていきます。

加入者登録の項目で自分用のパスワードを入力します。忘れないようご注意ください。

新規加入の場合、勝馬投票券発売時間帯(JRA・地方競馬)のみ受付けを行っています。

即PATに申し込み完了した後は即日、パソコン・スマートフォン・携帯電話で馬券を購入できます。

即パットの利用方法も簡単!

即PATに登録したけど操作がわからない・・なんて事は起きないように説明します。

しかし、即PATの使い方は非常に簡単で、慣れてしまえば、マークシートを書くより早く購入できます。

まず、馬券の購入資金を登録した口座から即PATに振替えます。

IPATにログイン後、入出金メニュー入金指示から入金手続きを行います。

入金時間は馬券の発売時間帯(JRA・地方競馬)です。それ以外はログイン自体できませんので入金できません。

入金額は100円単位から自由にでき制限はありません。

即PAT口座へ入金した金額が購入限度額で、馬券が的中した場合はこうなります。

払戻金・返還金は(購入限度額=ご自身が振り替えた投票券購入資金の合計-勝馬投票券購入金額+払戻金・返還金)となります。

1日あたり2回目までは無料となります。3回目以降は1回につき15円かかります。

この際にオッズも確認できますので最新の情報には目を通したほうが良いでしょう。

購入できるレースは中央競馬が開催している全競馬場の当日レース+(前日発売)と地方競馬レースです。

購入できる馬券種は単勝・複勝・枠連・馬連・ワイド・馬単・3連複・3連単・WIN5の馬券を1枚100円から購入できます。

馬券が的中したり出走取消したりレース除外などの払戻があった場合、特に何もしなくても自動に即PATへ払戻が反映されます。

出金方法は「一括出金」と「途中出金」の2種類があります。

一括出金の場合、特別な手続きはなく、節終了後に自動で残高が全て指定口座に移ります。振り込まれる時間帯は各金融機関に異なります。

途中出金の場合、IPATにログイン後、入出金メニューの「出金指示」から行います。

通常当日の全レース確定から5分後まで途中出金の受付けを行っています。

前日発売しているJRA開催日の場合は前日発売締め切り時間までとなり、途中出金できる額は即PATの残高全てとなります。

一部だけ出金することはできません。

一括出金・途中出金ともに手数料はかかりません。

一括出金では出金指示がない場合、節終了後に自動的に全ての残高が即PATから指定の口座に振り込まれます。

紙の馬券を購入すると、払い戻し忘れや紛失などの心配がありますが、即PATで買えばこの心配はありませんね。

ぜひ良かったら新規で登録してみてください。

本当に便利だと思います。

JRAのIPATまとめ

今回はJRAのIPATというインターネットを利用したサービスについて紹介させて頂きました。

皆さんわかりましたでしょうか?

現代では、ITの進化が進み、あらゆるネット投票が増えました。

インターネットを使って、競馬場に行かなくても自宅や外出中に購入ができる時代です。

やり方もそんなに難しいものではありませんので、ぜひ試してみてください。