馬券の払い戻しには期限がある!?的中したの馬券は平日に交換できる!

競馬の馬券を実際に買った事ありますか!?

今回は、馬券のが当たった時の払い戻しについて紹介したいと思います。

高額の馬券が当たった!でも、すぐ換金が出来ない!?

なんて事が起きないように少し知識を入れて、競馬ライフを楽しんでいきましょう。

また中央競馬と地方競馬では異なりますので、分けてご説明します。

競馬場で払い戻しする場合

的中馬券の換金は競馬場にある自動払戻機か窓口で行います。

100万円未満の換金は自動払戻機の投入口へ的中馬券を入れるだけです。

そうすると自動的に払戻金が出てきます。

的中馬券について確定後、その場で換金も可能ですし、60日以内であれば、後日その競馬が開催された競馬場だけではなく、ほかの競馬場やウインズ・エクセルで換金できます。

注意点として、地方競馬発売施設「J-PLACE・offt」で購入の的中馬券はJRAの競馬場やウインズ・エクセルでは換金できません。

また、JRAの競馬場やウインズ・エクセルで購入した的中馬券は「J-PLACE・offt」で換金できません。

競馬場における換金可能な時間について競馬開催日は9:30~17:00となります。

また、競馬場では原則開催日翌日の10:00~16:00でも換金が可能です。

100万円以上の高額馬券が的中した場合は競馬場やウインズにある自動払戻機では換金ができません。

その場合、有人窓口で払戻を受けることになります。

有人窓口では馬券と引き換えに受付番号札を渡されます。

しばらくすると払戻金が手渡されます。

WINSで買う場合

WINSで買う場合も競馬場で買う場合と換金のルールは基本同様となります。

異なる点は換金時間です。

競馬開催日は9:20~17:00にて原則換金が可能です。

月曜日については換金できるWINSと換金できないWINSがあります。

換金できるWINSでの換金可能時間は10:00~16:00にて換金可能です。

また、一部のWINSでは火曜日や金曜日発売日14:00~19:00(ウインズ後楽園・ウインズ難波・ウインズ梅田のみ)にも換金可能です。

インターネットで買う場合

インターネットで馬券を購入し的中した場合は、馬券自体が存在しないため、自動払戻機や有人窓口での換金はできません。

換金方法は予め登録しておいた銀行口座へ配当金額相当額が振り込まれます。(この際100万円未満、100万円以上によって方法が異なる等はありません。)

なお、配当金の確認はインターネット上で照会を行うことで、確認が可能です。

PAT系の払い戻しについて


PATの払い戻しのシステムですが、A-PATと即PATではそれぞれ払い戻しの日、時間が違います。

A-PATの場合は、通常開催日の土曜日、日曜日、そして翌日の月曜日が銀行口座ロックとなり、入金も出金もできない状態になりますから、払い戻しは翌火曜日となります。

即PATの場合は、銀行口座自体は入出金可能ですが、PATのシステムとしては、PAT投票サイトにログイン後にPAT内に入金→日曜日の開催終了後に払い戻しとなります。

払戻し時間は銀行によって違いがあります。

下記に銀行別にまとめましたので、ご確認下さい。

①ジャパンネット銀行 節終了後の当日の24時まで

②楽天銀行 節終了後の当日の24時まで

③住信SBIネット銀行 節終了後の当日の24時まで

④りそな銀行、埼玉りそな銀行 節終了後の当日の24時まで

⑤三井住友銀行 節終了後の翌日の午前中

⑥三菱東京UFJ銀行 節終了後の翌銀行営業日の午前中

⑦ゆうちょ銀行 節終了後の翌日の9時30分まで

以上のようになっています。

節終了後とは、通常開催の場合日曜日の開催終了後、土日月曜の3日間開催の場合は月曜日の開催終了後という意味です。

私の場合は、楽天銀行だと日曜の午後19時以降に入金されることが多いですが、厳密に規定の時間が決まっている感じではないようです。

A-PATと即PATでは資金管理が大きく異なってきます。

 A-PATでは銀行口座ロックの関係から、あらかじめ必要な資金を口座内に準備しておく必要がありますね。

対して即PATの場合は、開催途中でもATMから入金して使うことができますので、自由度が高いのがメリットになります。

逆に即PATの場合は、馬券がハズレて銀行の残高がなくなっても、更に追加で入金できるということで、投資額が無駄に増えてしまうケースも考えられます。

負けが込むと熱くなってコンビニのATMに走る、なんてことはよくあることですから気をつけたいですね。

A-PATの場合は銀行の残高が無くなれば馬券は買えませんから、1週間に使っても良い金額だけを銀行に残しておくということができますので、資金管理には良いと思います。

入出金の自由度を取るか、資金管理面での有用さを取るかですが、私はどっちも使ってますし、特にどちらが良いということは感じません。

競馬はギャンブルですから、しっかり自己管理して馬券を購入することが必要です。

また、競馬で勝った日曜日に、即PATで出金して家族で外食に行くとか友人と飲みに行くというのも競馬の醍醐味の1つですが、そういう意味では即PATはおすすめです。

東京で平日に馬券の換金ができる場所

的中馬券は、土日の競馬場の9:30~17:00もしくは、WINSの10:00~16:00の払い戻し時間を万が一過ぎてしまったという方が必見の場所の説明です。

原則は、翌日の月曜日になっています。

JRAの公式ページに日程表がありますのでご参照下さい。

参考までに東京都内では以下の場所で換金が可能です。

■府中競馬場(東京都府中市日吉町1-1)

<換金可能時間帯>

競馬開催日:9:30~17:00

開催日以外:毎週月曜日10:00~16:00

(場所:正門1階 平日払戻所)

※「国民の祝日」及び「年末年始」は平日払戻サービスを実施していません。

※月曜日が「国民の祝日」または「競馬開催日」にあたる場合は、翌火曜日に払戻を実施。

■WINS後楽園(東京都文京区後楽1-3-61)

<換金可能時間帯>

競馬開催日:9:20~17:00

開催日以外:毎週月・火曜日 10:00~16:00

※「国民の祝日」及び「年末年始」は、休務日。

金曜日発売日は14:00~19:00にて換金しています。

■その他のWINSの詳細について

・WINS銀座(東京都中央区銀座2-10-13)

・WINS錦糸町(東京都墨田区江東橋3-8-2)

・WINS浅草(東京都台東区浅草2-8-6)

・WINS汐留(東京都港区東新橋2-18-1)

・WINS新宿(東京都新宿区新宿4-2-1)

・WINS渋谷(東京都渋谷区渋谷3-12-10)

・WINS立川(A館:東京都立川市錦町1-3-6 B館:東京都立川市錦町1-3-18)

<換金可能時間帯>

競馬開催日:9:20~17:00

開催日以外:毎週月曜日 10:00~16:00

※「国民の祝日」及び「年末年始」は、休務日

※月曜日が「国民の祝日」または「競馬開催日」にあたる場合には、翌火曜日

(除く休日)に実施。

■エクセル田無(東京都西東京市田無町2-1-1 ASTAビル内 リヴィン田無店 6階)

<換金可能時間帯>

競馬開催日:9:20~16:50

■J-PLACE大井(大井競馬場(東京都品川区勝島2丁目1-2)内 L-WING)

大井競馬開催日とJRA開催日の重複する日及び有馬記念当日に換金可能です。

■offt後楽園(東京都文京区後楽1丁目3-61)

大井競馬開催及び南関東場外発売を行っているときに換金可能です。

初めての的中の興奮するが注意

上記で払い戻し方法の手順を紹介しましたが、的中してお金が手元に来る時って凄く嬉しいですよね。

しかし、競馬には税金という恐ろしい魔の手が存在する事を忘れてはいけません。

宝くじには、税金が購入代金に含まれていますが、競馬はそうではありません。

実は競馬の払戻金は一時所得にあたります。

額にもよるのですが、立派な課税対象なのです。

一時所得とは何でしょう。

意味合いとしては労務の対価や不動産等の資産の譲渡の対価といった性格を持たない、あくまで一時的な所得のことです。

同じ分類には福引きや懸賞の賞金、保険の一時金・満期返戻金などがあります。

一時所得は、総収入額からそれを得るために使った経費を引きます。

競馬においてはあくまで当たり馬券の購入費、そして交通費などです。

外れた馬券の購入費は計上できません。

経費を差し引いて残った額が競馬の『儲け』であり、一時所得です。

そこから50万円を最高額として、特別控除を引いて計算できます。

つまり、競馬の儲けは50万円以下なら税金はかかりません。

50万円差し引いた残りの2分の1が、給与所得や事業所得などの本業の所得と合算され、それに所得税と住民税が掛かります。

払い戻しの際に高額だからといって興奮しますが、あまりにも高額だと税金の心配もしないといけませんので、よく考えて使いましょう。

また、払い戻しはネットの場合を除き、現金で渡されます。

例え、一億円の配当がある場合でも紙袋で現金渡しになりますので、高額の場合はタクシーですぐに帰る事になりますね。

まとめ

今回は、馬券の払い戻しについて記事をまとめました。

基本的に土日の決まった時間にするのが理想ですが、平日(翌日)の月曜日などにも換金できる事が解って頂けたと思います。

これから、初めて競馬を挑戦しようとする方も、当たったときの手順をしっかり知っておく事で、スムーズで競馬ライフを満喫できると思います。