当サイトでは独自に口コミ・評判を集めて評価しています。悪評サイト優良サイトかは、ぜひご自身の目で確認してください。また悪徳サイトをぶっ潰す口コミも募集中!

競馬での対抗馬の裏までしっかり抑える、マルチ馬券の特徴や買い方を教えます!

今回は、マルチ投票について紹介したいと思います。

競馬には馬券を買う方法が多く存在します。

その中でもマルチ投票ってどんな買い方なの?と思う方も居ると思います。

基本的な買い方では無いので、細かく紹介します。

マルチ馬券とは


私が、一番説明が難しいと感じている馬券の買い方がこのマルチ馬券です。

そもそもマルチ馬券といわれて、「そんな馬券の種類あったっけ?」とか「ああ、ボックス馬券の事でしょう」とか言われることも多い馬券ですね。

簡単に説明しようとすると、『馬単と3連単を流しで買う場合に着順が逆、または入れ替えになる裏目も押さえる買い方』という風になります。

内容は分かればそんなに難しい事では無いですが、マルチの買い方を知る前に、流し馬券を知る必要がありますので後ほど紹介します。

まず馬券の種類について


マルチ馬券もを紹介する前に、競馬の馬券を全て知る必要があります。
まずは下記の内容を参照しましょう。

【単勝】単勝式馬券
1着となる勝ち馬を当てる、もっともシンプルな馬券です。
素人はこれが一番簡単な投票になります。

【複勝】複勝式馬券
3着以内(7頭立て以下の場合は2着以内)に入る馬を当てる馬券です。
単勝に比べて、的中しやすいが配当はおおむね単勝の3分の1程度になります。

【枠連】枠番連勝式
1.2着馬の枠番号の組み合わせを当てる馬券です。
同一枠内に2頭が入っている場合は、どの馬が入っても的中となります。
案外、枠順が決まった後、結構使える券種になるときもあります。

【馬連】馬番連勝式
1.2着馬の馬番号の組み合わせを当てる馬券です。
9頭立ての以上のレースで発売されます。

【ワイド】拡大馬番連勝式
1~3着のうちの2頭の馬番号の組み合わせを当てる馬券です。
1着と2着、1着と3着、2着と3着のいずれの組み合わせでも的中となります。

【3連複】
1~3着の3頭の馬番号の組み合わせを当てる馬券です。

【馬単】
1.2着馬の馬番号を順番通りに当てる馬券です。

【3連単】
1~3着馬の馬番号を順番通りに当てる馬券です。

【枠単】
1.2着馬が入っている枠番号を順番通りに当てる馬券です。

上記の内容は基本的な馬券の種類になります。

流し馬券を知る

はじめに、流しの馬券にはその馬券の軸となる「軸馬」と「相手馬」が存在します。

簡単にいうと、この軸馬が自分の買い目全てに絡むように買うのが流しという買い方です。

例えば、馬連を購入する際に自分の軸が5番の馬で3、8、9番が相手だったとします。

この際の買い目は5−3、5−8、5-9の3点と計算できます。

つまりこの場合にはまず5番が馬連の条件である2着以上になること、その次にそうなった時のもう一頭の2着以上の馬が3、8、9番になるのかを考えて馬券を購入しなければなりません。

この場合、この馬券のことを「馬連で5から3、8、9流し」と言ったりします。

流しであることの良さは自分の中で絶対に馬券に絡んで欲しい馬が軸馬に絞られるのでレースを見やすく、応援しやすい点にあります。

シンプルな買い方であるため競馬場に行った際にレースを楽しみやすい買い方の一つであると言えるでしょう。

二頭軸とマルチについて

ここでは、二頭軸の説明と合わせてマルチの説明をします。

二頭軸とは読んで字の如く、軸馬が二頭いる馬券の事を言います。

馬券に絡まなければならない軸馬が二頭いるわけですから、3連単・3連複といった3連系の馬券のみで使用することがあります。

どのように購入するかは、後ほどまとめて解説します。

まずはマルチに説明です。

マルチは馬単・3連単といった連単系の馬券を買う際の選択肢となり、馬単マルチ・3連単一頭軸マルチ・3連単二頭軸マルチが存在します。

単なる流しとの違いは、マルチである場合は流しの馬券において順番を入れ替えた場合も含まれることにあります。

下の例に挙げたようにマルチにすることで購入が馬単なら2倍、3連単なら6倍になりますが、買い目が広がることで的中率が上がったり穴馬券を取れたりすることがあります。

計算例がこちらです。

馬単5→3、8、9流しの場合マルチにすると5→3、8、9の3点に3、8、9→5の3点を加えた計6点を購入することになります。

3連単一頭軸5→3、8、9→3、8、9流しの場合マルチにすると5→3、8、9→3、8、9の6点に3、8、9→5→3、8、9と3、8、9→3、8、9→5を加えた計12点を購入することになります。

色々な馬券の流しの買い方

馬券の流し方を説明します。

この流しとマルチを覚えれば、基本的にマルチは攻略していると思います。

①馬連流し
軸馬を決めて、何頭かの相手に流して馬連を買う買い方です。

軸馬が2着以上かつ相手のどれかが2着以上になれば的中ということですね。

②馬単1着(or2着)固定流し
軸馬を1着(or2着)に固定して、相手何頭かに流して馬単を買う買い方です。

軸馬が固定した着順にきて相手のどれかが2着以上になれば的中になります。

③馬単マルチ
馬単1着固定と2着固定をどっちも買う買い方です。

当たり方は馬連の場合と同じで、購入点数が2倍になるので、オッズとの兼ね合いで馬連とどちらがいいか判断する必要があります。

④ワイド流し
軸馬を決めて、相手何頭かに流してワイドを買う買い方です。

軸馬が3着以内かつ相手馬が1頭でも3着以内に入れば的中します。

流しの中では一番当てやすい馬券の1つなので、是非試して見てください。

⑤3連複軸1頭流し
軸馬を1頭決め、相手何頭かに流して3連複を買う買い方です。

軸馬が3着以内に入り、かつ3着以内の他の2頭がどちらも相手馬であれば的中します。

比較的少ない購入点数で多くの相手を選べるので、3連単は難しくて当たる気がしない時や資金的に厳しい時にオススメですね。

⑥3連複2頭軸流し
軸馬を2頭きめて、相手何頭かに流して3連複を買う買い方です。

軸馬が2頭とも3着以内に入り、かつ相手馬もどれかが3着以内になれば的中となります。

2頭選んでどっちも3着以内に入らないといけないので、ワイド1点にして当たりやすくするか3連単にして高配当を狙える券種になります。

⑦3連単1着(or2着or3着)固定流し
軸馬を1着(or2着or3着)に固定して、相手何頭かに流して3連単を買う買い方です。

軸馬が固定した着順に来て、なおかつ3着以内の他の2頭がどちらも相手馬であれば的中という事です。

⑧3連単2頭軸流し
軸馬を2頭決めて、相手何頭かに流して3連単を買う買い方です。

この際軸馬2頭の着順も決めなければならない馬券になります。

少ない点数で3連単を買えるが非常に当たりにくい印象です。

⑨3連単1頭軸マルチ
3連単1着(or2着or3着)固定流しを、着順を考慮しないマルチ馬券にした買い方です。

軸馬が3着以内に入り、かつ他の3着以内の馬がどちらも相手馬であれば的中します。

軸馬が人気薄であったり相手に何頭か人気薄の馬がいたら、フォーメーション馬券では買ってなかったであろう高配当を取ることも有り得る馬券です。

ただし軸馬と相手が人気馬ばかりだと、当たったけど損になることもあるので要注意。

⑩3連単2頭軸マルチ
3連単2頭軸流しを着順を考慮せずにマルチ馬券にして3連単を買う買い方です。

軸馬2頭とも3着以内に来て、かつ3着以内のもう1頭が相手馬のどれかであれば的中です。

軸馬を2頭にする分3連単1頭軸マルチより購入点数は絞れるが、高精度の軸及び相手選びが必要。

点数早見表の紹介

上記で説明した中で、馬券の早見表を見つけましたので紹介します。

次は3連単の紹介なのですが、注意点があります。

私が3連単を買う時に軸になるのは1着なので、1着の数を基準に残りの2着と3着にそれぞれ入れる頭数を点数として表記しています。

たとえば1着アタマ(軸)2頭相手点数4点の場合は、1着に2頭、2着と3着に相手4頭という形で考えてください。

ちなみにこの場合は24点になります。

1着アタマ(軸)3頭マルチというのは、1着に3頭で、2着と3着にその3頭プラス相手点数を入れるという考え方です。

つまり1着アタマ(軸)3頭マルチ相手4点の場合は、1着に3頭、2着と3着に1着に入れた3頭プラス4頭という形で、全部で90点になります。

かなり大雑把な買い方ですが、やはりアタマを2頭以下に絞れるレースというのがそうそうないことと、大体アタマに押した馬が2・3着で対抗馬が勝ってしまったということがよくあったので紹介します。

ちなみにさすがにアタマ6頭以上というのはないので除外してあります。

あと、2着はないけど3着はある馬だから2着には入れないとか、その逆だったりとかする場合もよくありますが、そういうパターンまで押さえているとキリがないので省いています。

では、みて見ましょう。

もし良かったら参考にしてみて下さい。

まとめ


今回は、マルチ馬券について記事をまとめました。

実際、マルチの買い方は様々ありますが、裏も取っているという買い方が基本になります。

流し馬券で的中率をあげる上で、軸馬選びの精度をあげることはとても重要だと思います。

軸馬の選び方は人気馬にするも良し、予想家がオススメしていた馬にするも良いと思います。

はじめに何頭かに絞ってから馬券を構築する段階で、その中から自分で選ぶのも良いと思いますので、是非この記事を参考にしながら、マルチ馬券を買ってみて下さい。

競馬の初心者の方は、馬単でにマルチを買ってみると分かりやすいと思いますので、楽しい競馬ライフを送りましょう。