魅力溢れる海外競馬!初心者でもわかる馬券の購入方法をたっぷりとご紹介!

海外馬券は2016年より日本でも購入できるようになりました。

利用できるのはJRAの投票システムですが、まだ購入したことがないという方もいるのではないでしょうか?

競馬ファンとしてと同時に、魅力あふれる海外馬券を見逃さないためにも、こちらでは初心者でもわかる馬券の購入方法をご紹介していきます。

「海外馬券はまだ購入したことがない」「海外馬券に興味がある」という方は、どうぞご覧になってみてください。

まずはJRAからの対象レースをチェック

気になる購入方法ですが、その前にどんなレースが対象になってみるのかチェックしてみましょう。

数多くある豊富なレースはファンにとって魅力的ですが、好みの海外競馬を探すためには、対象レースを知っておくことが大切となってきます。

下記に最近開催されたレースの開催日時、国・競馬場・レース名・距離をご紹介してみます。

【2019年前半:発売レース】

2019年3月30日 
開催国:メイダン
レース名:ドバイゴールデンシャヒーン(G1)
ダート1200M

2019年3月30日
開催国:メイダン
レース名:ドバイターフ(G1)
芝1800M

2019年3月30日
開催国:メイダン
レース名:ドバイシーマクラシック(G1)
芝2410M

2019年3月30日
開催国:メイダン
レース名:ドバイワールドカップ(G1)
ダート2000M

2019年4月6日
開催国:ランドウィック
レース名:ドンカスターマイル(G1)
芝1600M

2019年4月28日
開催国:シャティン
レース名:チェアマンズスプリントプライズ(G1)
芝1200M

2019年4月28日
開催国:シャティン
レース名:クイーンエリザベスⅱ世カップG1)
芝2000M

2019年5月4日
開催国:チャーチルダウンズ
レース名:ケンタッキーダービー(G1)
ダート2000M

これらが発売されたレースです。

対象レースは、予定が決まった時点で、JRAのホームページで確認できますので忘れずにチェックしておきましょう。

馬券の購入方法はインターネットが基本

海外馬券を購入するときには、JRAのインターネット投票を利用して購入していきます。

インターネット投票は、ひとつではなく2つの方法での購入が可能となっていますので、どちらに決めるのか、考えなければなりません。

その2つの方法をご紹介しますので、迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

JRAの馬券におすすめの即PAT

こちらの即PATは、インターネットを利用して投票を行う方法です。

パソコン、スマートフォン、携帯電話から投票できるシステムです。

海外競馬にも対応している即PATは、JRAが指定する銀行号座を持ってさえいれば、申込み後にすぐに馬券が購入できます。

また、お持ちの口座預金範囲のなかでの馬券購入となるので、買いすぎ防止にも役立ちます。

幅広く利用されている即PATです。

根強い人気のA-PAT

こちらのA-PATを使う場合には、プッシュホン投票での海外馬券の購入はできないので、お気をつけください。

システムを利用するときには、JRAが指定する専用口座を新規開設する必要が出てきます。

パソコン、スマートフォン、携帯電話、プッシュホン電話を使って投票しますが、手続きには日数がかかってしまうので、今すぐに始めたいと思っている方には向かないようです。

即PATとA-PATを比較してみよう!

即PATとA-PATのどちらにしようかな?と迷っている方に、その違いをご説明していきます。

どんなメリットやデメリットがあるのかを把握することで、より自分にとって使い勝手の良い購入方法が見つかります。

発売締切時間の違い

発売開始時刻は、即PATとA-PATの違いはありません。

原則として決まっているのは、日本時間の午前発走競争の場合は午前7時。

午後発走競争については、当日の午前7時となっています。

いつ購入できる?

発売締切時刻は、即PATとA-PAT共に発走予定時刻の4分前になるので同じですが、大きく違ってくるのは申込みをおこなった後です。

即PATの場合、JRA指定の銀行口座を持っていればすぐに投票が可能です。

A-PATの場合、申し込んだ後に利用できるようになるのは、2~4ヶ月後になってしまいます。

すぐに、馬券を購入したいときには、即PATで申し込むとよいでしょう。

決済口座について

即PATで指定されている銀行は、ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、じぶん銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行があります。

A-PATを利用するためには、JRA指定の専用口座が必要となり、専用口座=A-PATとなるので通常の口座のような使い方はできません。

海外競馬ネット投票操作は3つから選んで!

海外競馬ネット投票するには、パソコンから購入・スマートフォンから購入・携帯電話からの購入の3つ操作方法を選ぶことができます。

使い勝手のよい方法を選んでの投票するために、しっかりとマニュアルをチェックしておきましょう。

※海外馬券をインターネットで購入するためには、即PAT会員またはA-PAT会員となっておく必要があります。

パソコンからの購入

JRAホームページにアクセスして、「JRA・海外ネット投票」のログインボタンを選択してください。

次に、「INET-ID」「加入者番号」「暗証番号」「P-ARS番号」を入力しログインしてください。

画面に表示されている「海外競馬ネット投票」を選択し、続いて「通常投票」等を選んでクリックします。

これより先は、通常のJRAネット投票と同じなのでいつもと同じに行ってください。

パソコンからの購入方法は以上となります。

スマートフォンからの購入

スマートフォン版にあるJRAホームページより、「ネット投票ログイン」を選択してください。

次に、「INET-ID」「加入者番号」「暗証番号」「P-ARS番号」を入力しログインしてください。

「海外ネット投票メニュー」を選択し、続いて「通常投票」「オッズ投票」のいずれかを選択します。

スマートフォンからの購入方法は以上となります。

携帯電話から購入

JRAホームページより「JRA・海外競馬投票ログイン」をクリックして、加入者情報を入力します。

「INET-ID」「加入者番号」「暗証番号」「P-ARS番号」の加入者情報は、JRAネット投票の入力している番号と同じになります。

「海外ネット投票メニュー」を選択すれば、投票方法はJRAネット投票と同じやり方となっています。

☆基本的に操作は難しくはなく、ネット投票を行っている方なら海外競馬も簡単に投票することができるでしょう。

携帯電話からの購入方法は以上となります。

海外競馬の注意点

海外競馬ネット投票を行う際には、いくつかの注意点がありますのでチェックしておきましょう。

投票した内容を紹介したいときには、当日であれば「海外競馬ネット投票」で確認してください。

過去60日分に関しては、club JRA-Netの方から確認することができます。

海外競馬を下記に挙げてみます。

・A-PAT会員の方は、原則として平日の海外レースは購入できませんので、注意しておきましょう。平日の販売は即PAT会員のみになります。

・マークカードは使用できないので、投票するときにはスマッピー投票となります。

・JRAダイレクトの発売は行っていません。

・枠連およびWIN5の発売はしていません。

以上の注意点を踏まえて、ご利用してみてください。

ここが海外競馬の醍醐味!

現地に出向かなくてもインターネット投票で購入できるようになった海外馬券には、日本の競馬にはないメリットはあるのでしょうか?

もちろん、海外競馬の馬券で損をしてはがっかりですが、こちらでは海外競馬の魅力を紹介していきますので、じっくりと検証してみてください。

こんなにある!購入できる馬券の種類

海外競馬では、日本ではあまり見かけない馬券の種類を選ぶことができるのも、魅力の一つとなっています。

種類は7式別。単勝・複勝・ワイド・馬連・馬単・3連複・3連単が発売されています。

通常の競馬から、枠連とWIN5を取り除いたものですが、豊富な種類に投票する意欲も高まるのではないでしょうか?

日本馬の応援もできます

海外競馬ならば、海外の馬しか応援できないと思われるでしょうか、日本馬を応援することができます。

そうなると、日本馬の人気は大きくなると考えられますが、その一方で「外国馬にかけるか?」「日本馬にかけるか?」という面白さも味わえることになるでしょう。

まとめ


種類が豊富な海外競馬は、予想やレースを楽しむことはもちろんですが、高配当にも期待が高まります。

日本の競馬を娯楽としてみたとしても、控除率は平均25パーセントほどです。

海外競馬は国によって違いはありますが、フランスのように排除率が15パーセント程度になっている国もあるのです。

このように、海外競馬はインターネット投票でより身近なもとなると同時に、競馬ファンには無視することのできない存在となってきました。

以前は、海外の競馬を見に行く熱狂的なファンだけの海外競馬だったのが、一般の競馬ファンの方にもインターネット投票できるようになり、身近となったからに違いありません。

さらには、日本馬を応援する醍醐味も加わり、これからは大いに応援したくなる海外競馬となることでしょう。