公営ギャンブルのJRA競馬は、馬券がクレジットカードで購入できる!徹底解析

今回はクレジットカードとギャンブルにまつわる記事です。

ギャンブルにクレジットカードを使うことなんてできるの?」

「馬券購入にクレジットカードを使っている人なんて見たこと無いんだけど…?」

そう疑問に思われる方も多いことでしょう。

そんな疑問を解決し、細かく紹介しましょう。

馬券はクレジットカードが使える?


多くの公営競技やギャンブルでは、現金で投票するのが基本ですよね。

競輪場や競艇場へ出かけても、投票券(車券や舟券)の購入は原則現金でのみ行われています。

しかし、競馬の馬券をインターネットで購入する場合、クレジットカードの利用が可能です。

競馬の主催者であるJRAではインターネットサービスの「JRAダイレクト」を提供しており、これを利用して馬券を購入する場合、国内で発行される6種類のカードに限りクレジット購入ができます。

馬券購入に利用できるクレジットカードは次のとおりです。

JCBカード
三井住友カード
MUFGカード(UFJカードを含みます)
DCカード
NICOSカード
楽天カード

JRAダイレクトのページからクレジットカードで購入する方法がわかりますので紹介します。

実際の購入には、これらのカードの発行に加えて、カード会社の提供するインターネットサービスへの登録が必要です。

JRAダイレクトへの登録と、カード会社のネットサービスの利用手続きに一手間かかってしまうことは否めません。

しかし、それが済めば購入はクレジットカードで、払い戻しは現金で行われるため、競馬の予想に自信がある方にとっては、レースを楽しみつつ現金化を行うといったことができるようになるのです。

払い戻しは即日では行われないので注意が必要


レースの予想が的中し、購入した馬券が払い戻しの対象となった場合、クレジットカードの引き落とし口座へ払戻金が入金されます。

これで現金化にする事が、実質可能になります。

しかし一つだけ、入金タイミングについては注意が必要です。

通常、レースを当てた時には競馬場や全国のウインズ(場外馬券売り場)で即日払い戻しが行われ、同日中に開催されるほかのレースへ払戻金を充当させることもできます。

しかし、クレジットカードで馬券を購入した場合、払戻金は即日で口座へ入金されるわけではありません。

払い戻しが行われるのは翌週の月曜日以降

払戻金の入金は週末に全レースが終了した後、次の月曜日にJRAより振込が行われます。

そのため、仮にレースの予想が的中したとしても即日で現金化ができるわけではありません。

週末のうちに現金が必要な場合には、競馬以外の別の現金化の方法を探す必要があります。

※ゆうちょ銀行のみ月曜日ではなく、木曜日に払戻金が振り込まれます。

カード利用なら、JRAダイレクトが非常に便利

JRAの馬券投票方法の中で、1番新しいシステムなのがJRAダイレクトです。

JRAダイレクトは、JRAが指定するクレジットカードがあればすぐに馬券投票ができ、気軽に手軽に、現金を専用口座に入金する手間などもなく馬券を楽しめる方法です。

競馬ビギナーにも優しく、面倒な指定口座の開設などの手間がないので、G1レースだけ楽しみたいと言う方にも、おすすめできる投票方法です。

JRAダイレクトは、簡単に言うなら1か月に50,000円という馬券購入上限があり、それを管理するために手数料100円が必要になるシステムだと言えます。

他の馬券投票方法は上限金額は設定されていないので、軍資金が豊富な場合は好きなだけつぎ込むことができます。

JRAダイレクトで軍資金の全てをつぎ込んだとしても最大50,000円なので、投資金額をコントロールすることができます。

馬券を購入するときの決済は、クレジットカード決済のため、具体的に馬券購入代金を支払うのは1か月程度先になります。

手持ちの現金がなくても、買いたいレースで馬券投票できることは、競馬ファンにとっては何よりも嬉しいことでしょう。

さらに、投票した馬券が当たれば、配当金はクレジット決済に使用する口座に振込みになるので、事実上、投票した金額を配当金で賄うこともできるケースも出てきます。

JRAダイレクトは1回の最低購入金額が1,000円からの設定になっています。

JRAの馬券は最低投票金額が100円からなので、馬券を10口購入することが条件となります。

10口と言われると、そんなに多く投票できるか不安になる方もいるかもしれませんが、馬連や三連複の場合なら5頭ボックスを選択すれば簡単に1,000円をクリアできます。

5頭ボックスは出走する馬のうち5頭を選んで、1着2着、または1着2着3着まで順不同で入着すれば良い購入方式です。

このほかにも馬連3頭ボックスなら最低でも300円の投票額ですが、1通りあたり400円か300円の組み合わせにすると1,000円をクリアできます。

オッズが低い馬券に500円、オッズが高い馬券は200円か300円というように組み合わせることもできます。

JRAダイレクトが注目されているのは、馬券の上限付き購入と、クレジットカードのポイントが付与されることです。

還元率1%のクレジットカードを利用して、JRAで1,000円の馬券を買えば、10ポイントがもらえます。

馬券を当てても外しても、クレジットカード利用で10ポイントがもらえるのです。

他の馬券投票方法ではポイントは一切つかないので、ダイレクトならではのメリットだといえます。

情報をまとめると、こういう事になります。

■加入方法は、馬券投票券の発売時間帯にインターネット経由で申し込みが可能で、JRAが指定するクレジットカードが必要です。

■利用までの期間は、JRA指定のクレジットカードを持っていれば登録当日から投票できる。

■投票方法は、インターネット投票のみ(パソコンからアクセスのみ)です。
■決済口座は、クレジットカードの引落口座のみになります。
■システム利用料は、1回の投票につき100円(税込み)
■購入回数は、1日3回までになります。
■1か月の利用限度は、システム利用料金100円を含む合計50,000円までになります。
■地方競馬は、対応なしのため購入できない。
■海外競馬は、対応なしのため購入できない。

JRAダイレクトでクレカ購入するとお得!

JRAダイレクトは、競馬通も競馬ビギナーも楽しめる馬券投票方法で、面倒な口座開設手続きが必要ないので、思い立ったときにすぐ手軽に使えることが人気となっています。

JRAが指定するクレジットカードを持っていれば誰でも投票できることは、新しい馬券投票スタイルとしても幅広い世代に適していることではないでしょうか。

通常の馬券投票システムでは、予想して購入した馬券が外れれば、何の恩恵もなく損するだけです。

ですがJRAダイレクトなら馬券が外れてもクレジットカードのポイントがもらえ、完全に損するわけではありません。

クレジットカードのポイントの種類によっては、マイルや他社ポイントとの交換で、よりお得に使えることも考えられます。

馬券の収支は、大勝ちや大負けを含めても平均年間25%程度マイナスになると言われているので、JRAダイレクトならこのデータをほんの少し緩め、20%くらいまでマイナスを回復できるかもしれません。

中央競馬クレジットカードOK、地方競馬は?

みなさんご存知の通りだと思いますが、競馬には大きくわけて中央競馬と地方競馬があります。

中央競馬は、JRA(日本中央競馬会)が運営しているのですが、馬券は、競馬場や日本全国にあるウインズ・エクセルなどで購入するのが一般的かと思います。

これらは馬券購入は、現金で支払う必要があるのですが、実はクレジットカードで購入する方法もあります。

JRAが運営するJRAダイレクトというインターネットサービスを利用することで、中央競馬のレースの馬券をクレジットカードで購入することができるようになっています。

では、肝心の地方競馬はどうでしょうか。

地方競馬は、中央競馬が中央なのに対して、日本全国の地方自治体の運営によって各地で運営されている競馬です。

実は、地方競馬もインターネットから馬券の購入をすることができます。

即PAT(そくぱっと)、A-PAT(えーぱっと)というサービスがそれにあたります。

これらを使うとインターネットからの馬券購入ができるようになるります。

しかし、残念ながら地方競馬はクレジットカードでの馬券購入はできません。

上記のサービス意外にも、楽天競馬を使うとインターネットで競馬をすることができますが、こちらもクレジットカードでの支払いはできません。

つまり、公式のサービスを使って地方競馬の馬券をクレジットカードで購入することは、今のところ出来ないようになっています。

という訳で、地方競馬をクレジットカードで遊ぶことはできないので、現金がないのであれば大人しく諦めるか、中央競馬を楽しむということになります。

しかし、読者の為に、一応そのほかの方法について考えてみました。

クレジットカードのキャッシング枠を使う

クレジットカードには、現金を引き出せるキャッシング枠がついている場合があります。

これを使えば、各クレジットカード提携のATMで現金を引き出すことができます。

だいたいメジャーなクレジットカードブランドであれば、銀行やコンビニにあるATMで利用することができます。

多少の違いはありますが、キャッシングの利用は概ね以下のような流れになります。

1.ATMの画面から「お引き出し」を選択
2.「クレジットカード」を差込口から投入
3.「暗証番号」を入力
4.「お借り入れ」を選択
5.返済方法を「1回払い」か「リボ払い」から選択
6.「お借り入れ金額」を1万円単位で入力
7.現金を受け取る

引き出した現金は、翌月以降にクレジットカード会社へ返済することになります。

あとは、現金を握りしめて競馬場へ行って馬券を購入するだけです。

この方法であれば、中央、地方問わずクレジットカードで馬券を購入することができます。

では、クレジットカードにキャッシング機能がついてない場合、もしくは使い切ってしまっている場合はどうすればいいでしょうか。

クレジットカードのショッピング枠を使う

クレジットカードには、キャッシング枠の他にショッピング枠があります。

キャッシング枠が現金を引き出す為の枠なのに対して、ショッピング枠はお店でクレジットカードで買い物をする時に使う枠になります。

つまり、ショッピング枠は現金にすることができればいいわけですね。

通常、キャッシング枠よりショッピング枠の方が大きく設定されています。

ショッピング枠を現金化できれば、より大きな額の現金を利用することができます。

どうやって、ショッピング枠を現金にするかという話ですが、こちらはグレーな話になります。

ご自身の判断でお願い致します。

やり方や、代行会社を間違えると犯罪になる可能性もありますので、充分に調べてからお考え下さい。

クレジットカードで何か買って、それを買い取って貰えば現金にできそうですが、この方法は手間と時間がかかる上に、換金率もあまり良くなくてお勧めできる方法ではありません。

しかし、ショッピング枠の現金化を代行してくれる業者が世の中には存在します。

つまり、数パーセントの手数料を支払って、代行業者のサイトでクレジットカード決済をして、その分の現金を口座に振り込んでもらうというサービスです。

この手のサービスは昔からありましたが、最近ではサービスが便利になっていて、スマホ一本でインターネットで手続きをすることができて、早ければ10分くらいで自分の口座に現金を振り込んでもらうことができます。

この方法であれば、手間と時間をかけずにショッピング枠を現金化することができて、クレジットカードで馬券の購入をすることができます。

ちょっとグレーなやり方ではありますが、以上が僕の考える地方競馬の馬券をクレジットカードで購入する方法です。

こちらのやり方は違法性がある部分もありますので、ご自身で良く調べて考えて下さい。

下手をすると、詐欺罪や横領罪といった形でカード会社から訴えられてしまうか、クレジットの信用を無くし契約が打ち切りになる可能性もゼロでは無いので、ご自身の判断でお願い致します。

まとめ

今回は競馬の馬券をクレジットカードで購入する部分を紹介しました。

現代では、クレジットカードを使って馬券を購入出来る時代になっていますね。

JRAダイレクトは非常に優秀で、公式のサービスなので使うと非常に便利です。

しかし、クレジットでギャンブルを行いには、危険な部分もあります。

購入して的中すれば良いですが、外れると自分に反動が返ってきます。

自分の中で、資金繰りをしっかり行って、計画的な購入をオススメします。

競馬は娯楽の一種なので、深く追う事はやめましょう。