競馬詐欺の被害で弁護士の選び方は?相談する前に確認したい事まとめ

競馬詐欺の被害にあったときに、まず頭に思い浮かべることが弁護士に相談することでしょう。

競馬詐欺で弁護士に相談する前に確認事項

インターネットなどで弁護士を探す場合に、たくさんの弁護士事務所が出てきてどの弁護士を選べば良いのか、判断基準が難しい状況になってしまいます。競馬詐欺の被害に遭うと、心が落ち着かず冷静な行動ができなくなります。まずは一度落ち着いて、慌てずに急がず自分の状況に合った弁護士を探すようにしましょう。弁護士にも、事件や事例によって得意不得意があります。その事件を取り扱った経験があるのか、また報酬はどの程度なのか、親身になってくれるかなどを事前に確認する必要があります。
今回は、競馬詐欺の被害を受けた際の弁護士の選び方や、弁護士に相談する前に確認しておきたい事などを記事としてご紹介していきます。

競馬詐欺とは?

競馬詐欺 弁護士

競馬詐欺には様々な形がありますが、基本的には確実に勝つ独自の情報がある、100パーセント的中するデキレースがあるなどと言葉巧みに申し出て、そのような情報を教える対価として高額の情報料金を請求する詐欺の類型の事件を指します。競馬だけではなく、ボートレースや競輪などの公営ギャンブルや、ロト6などのくじ、パチンコ・パチスロの必勝法など、情報量名目での詐欺事件は後を絶ちません。

これって競馬詐欺かも?被害事例

被害事例

もしかしたら知らず知らずのうちに競馬詐欺の被害にあっているかもしれません。もしも、貴方が現在競馬予想サイトや競馬予想業者と関わっていて、ちょっとでも怪しいなと感じているのであれば、被害事例を分かりやすくまとめていますので、似たような事態に陥っていないかご確認下さい。

例1)裏ルートの情報を知っている、必ず当たると勧誘された

必ず当たると勧誘

競馬詐欺の手口として最も多いのが、「裏情報を知っていて必ず的中するレースがある」というものです。文言に関してはもっとマイルドだったり、過激だったりもしますが、根本的なニュアンスは大体一緒です。裏情報に関する言い方は下記のパターンが多いです。

八百長レース(出来レース)を知っている。
ヤリ・ヤラズの馬が分かる。
関係者からの極秘ルートがある。

詐欺をする側も証拠などを掴ませたくないので、最近では「100パーセント当たる」とか「必勝法」という確定的な文言は使用せずに、言葉巧みに必ず当たるように見せかけることを心がけています。競馬予想サイトなどでは、”あくまで予想で必ず的中するものではない”という旨を規約事項など分かりづらい部分に記載しておくことで、追求を逃れようとするところも多いです。

例2)始めに無料情報を送り付け、その後有料情報を買わせる

始めに無料情報を送り付け

貴方の元にある日、メールで競馬の無料予想情報が送られてきます。その送られてきた買い目は見事に的中し、今度は有料情報(もしくは有料会員)の案内が届きます。貴方は無料予想情報が的中しているのですっかり信じて有料情報が多少高額でも買ってしまいます。しかし有料情報がその後的中することはありませんでした。
このようなケースでは、「無料予想情報が当たった」という事実が貴方の心を刺激します。実はこの手法にはカラクリがあって、このような業者は何万件~何十万件というデータをデータ屋と呼ばれる業者から入手して、色々な買い目のパターンを小分けにして送っているのです。そしてその買い目が当たったお客にだけ有料案内をするのです。予想が一度当たっていることで、お客の信頼度はかなり高いものになっており、有料への切り替えのハードルもだいぶ下がります。
もし、見覚えのないアドレスから無料予想情報が届き、その情報で馬券が当たっていたとしても、有料情報や有料会員への参加は慎重に判断するようにしてください。

例3)競馬予想ソフト詐欺

競馬予想ソフト詐欺

競馬予想ソフト詐欺と呼ばれる情報商材系の詐欺の手法があります。競馬予想ソフト詐欺業者は、下記のような煽り文句で高額な競馬予想ソフトを売りつけようとしてきます。

統計学を用いた画期的方法
最新AI技術搭載
CPUが勝手に予想
寝ている間にお金が増える
収支がマイナスになったら返金保証

その他、様々な甘い言葉で競馬予想ソフトを購入させようとしてきます。購入費用の相場は、50万円から300万円くらいが多いです。また、リターンの額によってAプラン・Bプラン・Sプランなどとコース分けされており、マイナス収支になったときにクレームを付けると詐欺業者は決まって一つ上のランクのプランを勧めて、再度購入費用を追加させようとします。

また、2011年頃に競馬ソフトを使用して約30億円の配当を得て脱税容疑で大阪の会社員が逮捕されたという事件がありました。この事件は全国的にかなり有名で、これがきっかけで「競馬ソフトは儲かる」という実績が証明され、この競馬予想ソフト詐欺も増加したと言われています。また「この事件に使用されていたソフトが入手できた」などという便乗詐欺も増加しました。

競馬詐欺の被害にあったら弁護士に相談する前に確認すること

弁護士に相談する前に確認すること

競馬詐欺の被害にあったら、弁護士に相談する前に確認しておきたいことがあります。詳細を下記でご紹介していきます。

自分がどうしたいのか
詐欺会社の所在地は特定できているか
消費者センターへの連絡をどうするべきか
警察への届け出をするべきか

まずは、上記のことを一つずつ確認していきましょう。

自分がどうしたいのか

競馬詐欺の被害にあった時に、まずは自分がどういう解決を望みどうしていきたいのかをハッキリと明確にしておく必要があります。その自分の目的に応じて相談すべき相手や、その解決するためにかける費用が変わってきます。
例えば、10万円を騙し取られたとして全額返金の解決を求める場合に、弁護士に頼むと10万円以上、またはそれに近い金額の費用が発生する場合があり、返金が無事に成功しても貴方の手元にはほとんどお金が残らないケースもあります。100万円、200万円と高額であれば弁護士に依頼するのが一番良い方法かもしれませんが、少額であれば直接自分で返金交渉をするか、消費者センターにお願いするほうが良い場合もあります。
自分の着地点(ゴール)を明確にすることで、どのように行動しどこに依頼すれば良いのかが自然と見えてきますので、まずは自分がどうしたいのかをハッキリさせておきましょう。

詐欺会社の所在地は特定できているか

詐欺会社の所在地が特定できているかどうかはかなり重要です。悪質な詐欺会社は立派なホームページがあったとしても、住所が架空であったり私書箱やレンタルルームを使用しているケースもあります。また、数か月単位で会社を倒産させて新たに会社の設立を繰り返し詐欺を行っている業者も多いです。所在地が特定できていない、もしくは既に会社が倒産している場合などは、弁護士も消費者センターも貴方自身も、どこに請求をして良いか分からず結局は業者に逃げられてしまいます。詐欺会社や代表者の居場所の特定には、探偵などの調査会社を利用するしか方法がない場合もあります。この場合も調査費用がかかりますので、それを念頭に依頼をする必要が出てきます。

消費者センターへの連絡をどうするべきか

消費者センター(国民生活センター)への相談は、残念ながらアテにならないことが多いようです。証拠がなく詐欺会社の居場所も不明ですと、相談されても動きようがありません。しかし、もしかすると貴方の他にも同じ詐欺会社・詐欺師による相談が多く寄せられている可能性があります。被害件数が増えていれば、消費者センター側も大きく動いてくれる可能性もあります。アテにならない可能性があっても、念のために相談に行くことは無駄ではありません。

警察への届け出はどうするべきか

警察への連絡も消費者センターと同様の可能性が高いです。詐欺というのは立件が最も難しい犯罪と言われています。詐欺会社・詐欺師は訴えられたり捕まらないように常に逃げ口を作っています。また、居場所も転々としている業者が多いので、逮捕や起訴というのはかなり難しいでしょう。しかし、消費者センターと同様に何件も被害の相談があれば、放置しておけないということで大規模な取り締まりに動いてくれる可能性もあります。念のため相談に行くことは無駄ではありません。

弁護士の選び方

弁護士の選び方

弁護士の選び方で重要なのは「専門性」と「実績」です。弁護士にも得意不得意がありますので、よく取り扱う事件、全く扱ったことのない事件などがあります。
結論から言うと、”過去に何度も競馬詐欺の案件を請け負い解決実績のある弁護士”を選ぶことが最重要となります。
競馬詐欺に慣れている弁護士であれば、実際の被害状況や証拠がどれくらいあるかなどを見て、返金の可能性があるかどうかも判断してくれます。
弁護士に依頼する場合は、必ず事前に競馬詐欺案件を扱っているかどうかを確認してからにしましょう。

まとめ

落ち着いて自分の状況を確認

競馬詐欺の手法の例や、被害にあった時の確認事項、弁護士の選び方などをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。万が一、競馬詐欺の被害にあってしまった場合には、まずは落ち着いて自分の状況を確認しましょう。証拠の有無や、相手の居場所の特定、被害金額などで相談すべき場所や行動が変わってきます。自分の状況を冷静に判断して、しかるべき場所に相談に行くように心がけてください。